photo by Getty Images

大混乱の香港を国際社会は救わない…いま世界が陥る「深刻な危機」

嫌でも武力鎮圧から逃げられない習近平

武力鎮圧は脅しではない

香港情勢がきな臭くなってきた。

8月7日、中国政府は抗議活動が続く香港情勢について、「情勢がさらに悪化し香港政府が制御できない『動乱』が起きれば、中国政府は決して座視しない」と警告した(国務院香港澳門事務弁公室と中央政府駐香港連絡弁公室〈中聯弁〉が深圳で開催した香港情勢に関する座談会における香港澳門事務弁公室張暁明主任の発言)。

1989年の天安門事件で下された「動乱」評定が今回も下されれば、香港に戒厳令が敷かれ、武装部隊が鎮圧に乗り出すだろう。

現に、香港との境界に近い深圳の競技場には中国武装警察の軍用車両と部隊が多数集結済みという。かねがね強権的と言われてきた習近平政権のことだ。本気でやるかもしれない……。

 

一方、先週中国SNSで見た中国のある評論に興味を惹かれた。要旨は以下のようなものだ。

1)8月7日の香港情勢座談会に関する報道は異例だった。香港から参加した親中国派500名の反応が何も書かれていなかったのだ。「(抗議運動を)厳しく非難」「中央の方針を堅く支持」といった決まり文句がなかったのは、いまは親中国派でさえ抗議運動に同情的で、中央に距離を置いていることを暗示する
2)「中共は天安門事件を軍隊で解決した」と言われるが、誤りだ。軍隊は街頭の抗議者を一掃する以上のことはできない。事件後に、共産党の全国末端組織(都市の「街道弁」、農村の「村」)による膨大な教化宣伝活動があって、ようやく民心をコントロールできたのが実情だ
3)そんな党の末端組織がない香港で手荒な鎮圧手段を取るのは困難だ。党が直接飯を食わせている訳でもない香港のエスタブリッシュメントに党の方針支持を無理強いすることも難しい。香港は大陸とは違うのだ。
4)以上を考えると、北京の選択肢は3つ。上策は妥協・譲歩して大方の共感を得ること、中策は現状を維持してこれ以上の激化を避ける、下策は鎮圧して火に油を注ぐ、だ。

中国本土にもこういう穏当な意見があることにホッとするし、ここで言う上策、せめて中策が維持されることを願うが、中国共産党が過去の出来事にどう反応してきたかを思い起こすと、この政体の政治的重心は、この評論からは遠い所にあると感じる。

北京が武力鎮圧を匂わせるほどに現状を問題視するのは何故か。

抗議行動に「香港独立」や反中国(国旗・国章を汚す振る舞い)といった容認できない主張が混じっていることや、北京がとりわけ神経を尖らせる北戴河会議の最中に起きたこと(このまま持続すれば10月1日の建国70周年記念式典も影響を受ける)も理由だろうが、もう1つ重要な原因があるように思う。