〔photo〕gettyimages
# 韓国

韓国・文在寅がまた…!「手を握る」発言のウラで見せた「反日」行動

「対話」する気などない

文在寅大統領の「言行不一致」がまた炸裂…?

8月15日、日本からの解放記念日である光復節に韓国の文在寅大統領が行った演説は、異様なものだった。

〔photo〕gettyimages

この日、文在寅大統領は日本政府による輸出管理の厳格化などを批判しつつも、「加害者である日本が盗人猛々しく騒ぐ状況を決して座視しない」と言った過激な表現は避けて抑制。文在寅大統領はこれまで日本の措置を歴史問題に対する「経済報復」だとし、「警告する」とまで言っていたが、今回の演説では慰安婦問題や徴用工の問題に直接言及することもなかった。

反面、「今でも日本が対話と協力の道に出てきてくれるなら、我々は喜んでその手を握ります」と述べ、対話の道を模索する意向を示したのだが、これは文在寅大統領の対日関係への対応の変化を示唆するものであろうか? これまでの文氏の対応ぶりから検証してみたい。

 

じつは文在寅大統領は、昨年の光復節の演説でも、「安倍総理とも未来志向の日韓関係を発展させていきたい」と述べていた。しかし、その後何が起きたかはご存じの通り。

まず昨年10月には徴用工訴訟で、「日本企業に対する個人の請求権は消滅していない」とする大法院(最高裁)判決が出た。

文在寅大統領は司法府の判断は尊重せざるを得ないというが、その司法府の判断は文大統領の意向に沿ったものである。

同12月には日本の自衛隊機に対し、韓国海軍がレーダーを照射する事件が発生したが、韓国はその事実を認めず、逆に日本の自衛隊機が低空飛行をし、韓国海軍を威嚇したと開き直った。

それだけではない。