〔photo〕gettyimages
# 韓国

文在寅よ、さらば…! 米中大国を「激ギレ」させてついに万事休すか

北朝鮮も韓国にそっぽを向いた

文在寅のバカげた暴挙

今年7月1日「安全保障上の輸出管理に不備がある」として経済産業省が韓国向けの半導体材料(レジスト、高純度フッ化水素、フッ化ポリイミド)についての包括的輸出許可を個別輸出許可に切り替えたが、これを契機に日本と韓国の間で「経済戦争」とも言うべき深刻な対立が発生している。

〔photo〕gettyimages

今回の措置について、当初日本側からも韓国の元徴用工問題に対する不作為に関連づけるコメントがなされたが、そんなことはあり得ない。

そもそも貿易管理に関する措置は極めて裁量の余地が小さいものである。経済産業省では7月上旬に輸出管理を担当している局長が交代しているが、仮に韓国への報復措置という高度に政治的な思惑があるのだとすれば担当局長を留任させるのが常識だろう。

 

8月2日に日本が優遇措置の対象国であるホワイト国から韓国を除外することを決定すると、これに対抗する形で韓国の文在寅政権も同12日に日本を優遇対象国から除外する決定を行ったが、韓国側の決定はまったく根拠のない暴挙である。

日本側に理があっても「すべて日本が悪い」と無理難題を吹っかけてくる文在寅政権のいつもながらの行動と言えないこともないが、出るのはため息ばかりである。

筆者は2003年10月から2011年3月まで内閣官房に出向し、内閣情報調査室内閣参事官として経済面を中心にインテリジェンス情報の収集・分析に当たっていたが、在籍中に聞いた韓国政治の専門家からの指摘が今でも忘れられない。

「インドのように植民地時代から独立運動を行い『宗主国を自らの力で追い出した』という体験を国民全体が共有できれば、植民地時代のトラウマは癒やされる。だが第2次世界大戦中にほとんど独立運動が起きなかった韓国にはそのようなサクセスストーリーはなく、永遠に宗主国であった日本を恨み続けるのではないか」