タント〔photo〕ダイハツメディアサイトより
# 自動車

N-BOXに新型タント!背の高い軽乗用車が売れる理由と意外な欠点

新車需要の40%近くを占める

「軽乗用車のスーパーハイトワゴン」が売れるワケ

2019年の上半期(2019年1~6月)には、日本国内で229万台の乗用車が販売された。この内の35%を軽乗用車が占める。

タント〔photo〕ダイハツメディアサイトより

1980年頃の軽乗用車比率は20%前後だったが、1993年に背の高い初代スズキワゴンRが発売されると、ライバル車も登場して比率が増え始めた。1998年に軽自動車の規格が改訂されて、ボディサイズが今日と同じになると、30%前後まで増えた。その後さらに増加して今では35%に達する。

そして軽乗用車の販売総数の50%近くが、全高を1700mm以上に設定したスライドドアを備えるスーパーハイトワゴンだ。

 

従って国内の販売ランキングの上位車種も、今は軽乗用車のスーパーハイトワゴンが独占する。

2019年上半期の順位を見ると、1位はホンダN-BOX、2位はスズキスペーシア、3位はダイハツタントで、トップ3車はすべて軽乗用車のスーパーハイトワゴンであった。

さらに4位も日産デイズ&デイズルークスだから、上位車種は軽乗用車で占められる。5位になって、ようやく小型/普通車のトヨタプリウスが入った。

このように軽乗用車のスーパーハイトワゴンが好調に売れる背景には、複数の理由がある。