『天気の子』主人公が「村上春樹訳のサリンジャー」を読んでいる理由

「ライ麦畑のキャッチャー」と帆高の差
河野 真太郎 プロフィール

セカイ系の二つの問題

セカイ系には二つの問題がある。ひとつは東による定義の通り、社会的なものへの想像力を欠いていることだ。「きみとぼく」関係は、この世そのものの浮沈と直結される。それは社会的・集団的な解決をもたない。逆に、「きみとぼく」関係の苦しみそのものも、あくまで個人化され、そこに社会的な原因と解決が見いだされることはない。

 

「社会は存在しない」という想像力のあり方を宣言したのは、1979年から1990年までイギリスの首相をつとめた、マーガレット・サッチャーであった。曰く、「社会なんて存在しません。存在するのは個々の男と女、そして家族だけです」。サッチャーのこの有名な言葉は、いわば「新自由主義宣言」と考えられている。社会や国家といった中間的な存在が、市場の荒波から個人を守ることはない。個人は最大化された市場の自由競争の中でサバイブしていなかければならない。

セカイ系はそのような感性の果てにある。セカイ系は新自由主義的なのだ。

マーガレット・サッチャー〔PHOTO〕Gettyimages

もうひとつの問題は、東の定義には表現されていないものだ。ここではそれを「ミソジニー」(女性嫌悪)と名づけよう。ただし、それは単に女性が嫌いということではない。実際、セカイ系は「きみ」を好きで仕方がない「ぼく」の物語だ。

だが、今の表現がすでにミソジニーの構造を物語っている。セカイ系は、「きみとぼく」の対等で相互的な欲望の物語ではない。「ぼく」の視点の中でファンタジー化された「きみ」の物語なのである。男性の視線の中で都合良く作りあげられた女性像からは、それ以外の女性(というのは現実の女性のほとんど)が排除される。この排除の構造をミソジニーと呼んでいるのである。

より具体的には、セカイ系の典型は、残酷な戦いに参加することを強いられる戦闘美少女に対して、それを無力に見守る少年、という構図である。『ほしのこえ』はやはり典型だ。戦闘美少女は「美化」されているわけではない。男性的な視点の中で、多くの場合は傷つく身体としてフェティッシュ化され(『新世紀エヴァンゲリオン』の包帯姿の綾波レイ)、欲望の対象として構成されているのだ。

新自由主義(社会の不在)とミソジニー(女性の理想化と排除)、これがセカイ系の二大問題であるとして、セカイ系の代表選手とされた新海監督の新作が、その二つの限界をどれくらい超えているか。これが『天気の子』を観るにあたっての基本的な視点となるだろう。