Photo by iStock

グーグルが発見!成功するチームに共通する「心理的安全性」のつくり方

リーダーが変われば、チームも変わる
人材・組織に関する世界最大級のカンファレンス「ATD International Conference & EXPO」が、今年もワシントンD.C.で開催された。昨年の同カンファレンスでは、「心理的安全性」が特に大きなテーマとして取り上げられていたが、その傾向は今年も変わらず、むしろさらに注目度が高まったと感じられる内容となっていた。
人材・組織領域でいま注目されている心理的安全性とは何か? 長年、外資系企業で人材育成・組織開発に従事してきた大野宏氏が解説する。
 

成功するチームをつくりあげる5つの鍵

心理的安全性が注目を集めるようになったのは、グーグルが発表した、あるレポートがきっかけであったといってよいでしょう。

2015年11月、グーグルは自社の情報サイト『re:Work』上で、アメリカの大手通信社であるAP通信(Associated Press)との共同研究の成果として、「チームを成功へと導く5つの鍵」を発表しました。
 
この5つの鍵について、少し補足を加えながらみていきましょう。

グーグルのレポートには、心理的安全性はチームの成功に最も重要な要素であり、その他の4つ(信頼性、構造と明瞭さ、仕事の意味、仕事のインパクト)を支える土台であると綴られています。

たしかに海外で大きな成功を収めているビジネスチームのメンバーに、お互いの関係について尋ねると、多くの場合こんな答えが返ってきます。

「言葉ではうまく説明できないけれど、とにかくしっくりくるんだ。正直なところ何度か辞めようと思ったこともある。それでも離れられなかった。こんなつながりは他では手に入らないよ。チームは自分にとって兄弟も同然だ」

「理屈ではありません。理屈で判断する人の集まりだったら、こんなことは不可能です。ここで起きているのは、チームを超えたチームワーク。チームを飛び越え、周りの人たちの人生にも影響を与えている」

「とにかくすばらしい気分だ。大きなリスクを取っても、最後には仲間が支えてくれると分かっている。もうメンバーの誰もが、この感覚の中毒になってしまっているよ」

「家族のようなつながりを何よりも大切にしている。そのおかげで、より大きなリスクをとることができるし、お互いを許すこともできる。それに自分の弱さをさらけ出すこともできるんだ。この関係は、形式的なつながりでは絶対に手に入らない」

それぞれの言葉からは、5つの鍵につながるものが感じられることでしょう。