ジャーナリストの島沢優子さんは、筑波大学の学生時代にバスケットボール全国優勝経験がある2児の母。自身の経験に加え、長年スポーツ指導や教育について多くの教育者に取材を重ね、講演会なども行っている。

8月1日~4日まで行われた全英オープンで日本女子42年ぶりのメジャー制覇を成し遂げた渋野日向子選手に注目が集まっている。笑顔もプレーも素晴らしいが、加えて惹かれるのが「周囲に育てられた」と語る母親をはじめとした大人たちの存在だ。

いったいどうやってあれだけ清々しく素晴らしい選手が生まれたのか。その秘密を教育の視点から島沢さんが解説する。

パワフルで正確なショットはトップクラスのゴルファーより頭一つ抜けている Photo by iStock

島沢さんの今までの連載はこちら

確かなゴルフスキルが育った過程

これからが大変だねえ。
テレビのなかでほほ笑む「スマイルシンデレラ」に向かって、思わずそう言ってしまった。

二十歳の渋野日向子選手が、初挑戦した全英オープンで優勝してしまった。樋口久子・現LPGA(日本女子ゴルフ協会)相談役樋口さんが1977年に果たして以来、日本女子としては42年ぶりのメジャー制覇だ。

ラウンド中に駄菓子を食べたり、ボギーを出した後でもニコニコ笑ってギャラリーとハイタッチをしたり。記者会見では海外メディアからの質問にジョークを飛ばすなど、日本人のステレオタイプではない奔放さ。樋口さんが「新人類」と表現をした(懐かしすぎる!)物怖じしない天然メンタルがクローズアップされる。

可愛すぎると話題になったモグモグタイム。「タラタラしてんじゃね~よ!」は完売状態で工場にも列ができているとか Photo by Getty Images

だが、言うまでもなく勝利は確かなゴルフスキルがもたらしたものだ。ショットやパットの安定感はもちろんのこと、特筆すべきはパワフルなドライバーショット。2位の選手と出場していた世界ランク1位の選手の飛距離は平均で250ヤードだが、渋野選手が全英オープン最終日で繰り出した平均飛距離は264ヤードと、海外のトップ選手を上回っている。勝利は決して偶然の産物ではないのだ。

では、彼女はどうやってこれほどまでの実力をつけたのか。なぜ世界一になれたのだろうか。