株式会社空調服の商品『FAN FIT』

一度着たら手放せない!猛暑の救世主「空調服」ヒットの背景

メイドインジャパンが世界を変えた

「着れば分かるその快適さ」

例年通り今年も、猛暑の折「空調服」が多くのメディアで取り上げられている。最近では“ファン付きウェア”とも呼称されつつあるが、ポータブルオーディオプレーヤーがその元祖であるソニーの「ウォークマン」と世界中で呼ばれ続けたように、ファン付きウェアも巷では空調服と呼ばれることのほうが多いように思う。本稿もこれに則って、ファン付きウェアを「空調服」と呼称させていただく。

空調服がこれほど注目を集めているのは、まず単純に日本の夏の暑さが毎年厳しくなっているからだろう。

Photo by gettyimages

昨年2018年の夏は、統計開始以来となる厳しい暑さとなり、今年も梅雨が明けた途端に全国的に連日の猛暑日が続いている。気象庁の統計とその推移を見ると、日本の夏が右肩上がりに暑くなっていることがわかるが、その数字を見るまでもなく体感として「今年の夏も、昔と比べると厳しい」と感じる人が少なくないのではないか。

この暑さと比例するように、空調服の市場は拡大している。その規模はファン付きウェアを開発・販売する株式会社空調服の試算で、現在300億円規模の市場になっていると推測されている。2004年、同社が最初に有償試作品として発表(翌年、正式に製品として販売開始)された当時の市場規模が1億円ほどだと推定すると、15年間でおよそ300倍もの規模となったということになる。

当初は企業・法人が主な販売先だった空調服。屋外作業を行う建設業や土木業、屋内ならば室温が高くなる鉄鋼業などの現場で使われるようになり、その効果が評判を呼んで広まっていった。

 

空調服の一番の特色は、空調服を発明・開発した市ヶ谷弘司氏(株式会社セフト研究所社長・株式会社空調服会長)をはじめとして、関係者の誰もが口にする「着れば分かるその快適さ」だ。一度着たら手放せなくなる中毒性があるとも言われるが、これがリピート率の高い固定客を作り出した。