「表現の不自由展」中止と「ヤジ排除」不寛容な日本社会の深刻な状況

私たちは「多元性」を認められるのか
阪口 正二郎 プロフィール

ところが、今回の場合、展示の場は「あいちトリエンナーレ2019」という場であり、展示物の作者は公的助成を得て自己の作品の展示を認められているにすぎない。この場合、芸術家も含めて、誰も自分の表現行為に「助成すべき」だとは主張できても、自分の表現行為について「助成を受ける権利がある」とまでは言えない。

そのことの道理は奨学金の場合を考えてみれば明らかである。奨学金を「求める」ことは正当でも、自分に「奨学金を与えられるべき権利がある」と主張できる人はいない。展示物の作者は、助成という「援助」を求める立場にあるに過ぎない。

また、後者の事例における「排除」に公権力が関わっていることは紛れもない事実だが、公権力が「排除」の主体であったと言えるかどうかは明らかではない。

ここで今回の「排除」に公権力が関わっていると考えるのは、河村たかし名古屋市長が、今回の展示物に対して「日本国民の心を踏みにじる行為」だとして、展示の中止を求める抗議文を実行委員会に提出していたことによる。河村市長の行為は公権力の行為として誤っている。

しかし、伝えられるところによれば、展示が中止に追い込まれた主たる理由は、事務局に対して市民からの大量の抗議が寄せられ、その中には「撤去しなければガソリン携行缶を持ってお邪魔する」とのファックスも含まれており、それを受けた実行委員会が展覧会への来場者の安全を確保できないとの懸念を抱いたことであった。そうだとすれば、ここでの「排除」の主体は、公権力というよりは、大量の抗議をなした市民という「社会的権力」であると考えるべきである。

本稿は、このように二つの「排除」について、その主体や意味をめぐる違いがあることを前提にしながらも、二つとも現在の日本社会における「不寛容」の広がり懸念させるものとしてとらえるべきものだと考える。

 

「市民のヤジ」はなぜ必要なのか

最初の街頭演説に対するヤジを理由とする「排除」の事例から考えてみよう。警察による「排除」を当然だとする考えもありうるだろう。そうした考えは、さしあたり、相互に関連する二つの考え方に基いている可能性がある。

第一は、表現の自由は大切でも、ヤジは表現行為としてさしたる価値はないという議論である。ヤジは下品だし、そうでなくても相手の言論を妨害するだけの意味しかなく、そのようなヤジにまで表現の自由の手厚い保障を及ぼす意味はないのではないか、という議論である。

第二は、ヤジは政治家の演説を妨害することで、政治家の言い分をきちんと聞くことを不可能にする、という議論である。選挙とは人々が政治に直接参加できる決定的に重要な場面であり、人々は街頭演説を通じて政治家のさまざまな言い分を聞き、そのうえで理性的に判断して自己の貴重な一票を投ずることが望ましいが、ヤジはそれを困難にする、ということだ。