photo by GettyImages
# 皇室 # 小室圭

眞子さまの「ご結婚問題」がここまで長引いている「意外すぎるワケ」

もしいま区役所に婚姻届を提出したら…

皇族の結婚はなぜ難しい?

眞子さまのご結婚問題が長引いている。2018年2月に、2020年まで婚約・結婚の儀式を延期すると発表された。令和になっても、見通しがはっきりしない。

photo by GettyImages

皇族の結婚は、なぜむずかしいのだろう。それは、皇室典範があるからではないか。

憲法と皇室典範の関係を、考えてみよう。

 

皇室典範には、かつての帝国憲法時代の旧皇室典範と、新憲法下での現行皇室典範と、二種類がある。どちらも皇室についての定めだが、憲法との関係が異なる。

旧憲法(帝国憲法)と旧皇室典範は対等(同格)で、言わばどちらも<憲法>だった。帝国憲法は、天皇は主権をもつ、と定める。皇室典範は、皇室について定める。議会は、皇室典範に口を出すことができない。

《第六十二條 將来此ノ典範ノ條項ヲ改正シ又ハ増補スヘキノ必要アルニ當テハ皇族會議及樞密顧問ニ諮詢シテ之ヲ勅定スヘシ》。さらに帝国憲法には、《第七十四條 皇室典範ノ改正ハ帝国議會ノ議ヲ經ルヲ要セス》、とある通りだ。

さて、旧皇室典範のもとで、皇族は自由に結婚できなかった。《第三十九條 皇族ノ婚嫁ハ同族又ハ勅旨ニ由リ特ニ認可セラレタル華族ニ限ル》、《第四十條 皇族ノ婚嫁ハ勅許ニ由ル》、とある通りだ。皇族の結婚は、天皇が許可するものだった。

結婚だけでなく、そのほかの自由も制限された。《第三十五條 皇族ハ天皇之ヲ監督ス》、とある通りだ。

もっとも、皇族だけに自由がなかったわけではない。旧民法のもとでは、一般国民(帝国憲法にいう、臣民)も、家長である戸主の同意なしに、結婚できなかった。皇族は皇統譜に記載され、天皇に従い、一般国民は戸籍に記載され、戸主に従った。

憲法と皇室典範は、どちらも似たような規定だったわけである。