2019.08.15
# 家電

電動工具界の雄「マキタ」がコードレス掃除機でも覇道を行く理由

畑違いのメーカーがなぜ?
コヤマ タカヒロ プロフィール

ただし、手軽にサッと使える軽いコードレス掃除機を求めているなら、マキタはベストマッチとなる。マキタは使い勝手の良さとコストパフォーマンスを重視するスタイルに向く。

もちろん、すでにマキタの電動工具を持っており、バッテリーを共有する環境が整っている場合も導入しやすいだろう。

もし、まだマキタ製品を持っておらず、掃除機から導入するという場合、おすすめなのが前述の「CL107FDSHW」だ。紙パック式で10.8Vのバッテリーを採用し、1万円台前半から購入できる。また、サイクロンアタッチメントの装着も可能だ。もちろんバッテリーは電動工具と兼用できる。

電動工具を購入する予定がない場合は、通販生活の「マキタのターボ・60」が長時間使えて便利だ。

吸引力の高い18Vバッテリーを採用したモデルは、バッテリー、充電器を込みで購入すると2万円超と比較的高価なため、掃除機だけを目的に選ぶのは不向き。すでに電動工具を持っている場合や、コーヒーメーカーや、ランプ、扇風機など、その他の製品も利用したいといった使い方で選択肢となるだろう。

 

現在マキタは充電式ラジオやスマートフォンが充電できるUSBアダプター、充電式LEDワークライトなど、マキタのバッテリーが使える電動工具以外の製品を続々と展開している。これらはアウトドアや災害への備えとしても利用でき、そういった製品との兼ね合わせを考えてみるのも手だ。

マキタのコードレス掃除機は、ずば抜けて優秀なわけではなく、実勢価格で5万円を越す、上位機種のコードレス掃除機と比べると性能面で劣る部分もある。あくまでコストパフォーマンスが高く、本体が軽くて軽快に使えるという、実用性の高さを評価して選びたい

そしてバッテリーを共有できる、マキタのエコシステムの中の1製品として利用するとさらにお得さや利便性はアップする。家電として見るではなく、道具(ツール)として選ぶといいだろう。

SPONSORED