# 日本株 # ゲーム

スクエニ絶好調、業界人も驚いた「異例のロングヒットゲーム」の正体

今週の「AI株価予報」で読む
マネー現代編集部 プロフィール

ドラクエの「位置ゲー」も!

当然、スクウェア・エニックス・HDの業績はさらに期待が高まる。前出・藤本氏が言う。

「『ファイナルファンタジーXIV』の最新拡張パッケージは7月にスタートしたので、その寄与分はここからの決算に反映される見通し。同社は最近、ファイナルファンタジーシリーズと二本柱である『ドラゴンクエスト』の新しい位置情報ゲームを投入すると発表して、これも業界全体を驚かせた。

ドラゴンクエストというビッグゲームの位置ゲーとなれば、大ヒットしている『ポケモンGO』と同じような世界中でファンを獲得できるポテンシャルを秘めている。ドラクエについては最新3Dアニメ映画公開も賛否両論含めて話題にもなっていますが、同社の株価はしばらく上値追いの相場展開が期待できそうです」

そんなスクウェア・エニックス・HDと同じく、今週の『Phantom株価予報AIエンジン』が上昇相場を予想するのが日清食品ホールディングス(2897)である。

 

日清食品HDといえば「即席めんのガリバー企業」として知られるが、ここへきてスクエニ同様に株価が急伸しているのである。