「のどがつらいときはない?」

最後に、30代最後の歳ということで健康面に関して聞いてみた。実は今年に入って、婦人科系、足のケガ、皮膚の湿疹などで病院へ通うことが多かったのだ。もちろん、このことはミハエルさんには言っていない。

すると、「アレルギーとか何か? 肌荒れが出たりしています?」と聞かれ、(え?何でわかったの?と驚きながら)「は、はい」と答える私。ここまでくるとなんだか怖い(笑)。

感受性が豊かなのに抑えているから体に出ているんだと思う。のどがつらいときはないですか?」と聞かれ、今回この言葉がいちばん驚いたのだが、この日はまさに、扁桃腺が腫れていて唾を飲み込むのも辛かったのだ。
ミハエルさん曰く、「言いたいことを抑えているとのどにくるのよ。首のあたりで言葉をグッと止めるから」とのこと。

(マジかーーー!この人、すげーーーーー!!!)

あなたは本来いろいろなことに興味があるはずなのに、最近はエネルギーを出していない。パーッと浮かれた感じがあるのがいいところなのに、活かされていない。答えは自然に出てくるものだから自分の気持ちを泳がせておけばいいのよ。それなのに、全部止めてしまっている

……むむむ。たしかに、ここ数カ月モヤモヤしている自分がいて、思い当たることもある。なんでわかるんだろう。不思議だなぁ。ミハエルさんの言葉はさらに続き、

アンテナを常に張っている人なのに、ぜんぜん活用していないし、あなたの“ポップな反応力”も活かされていないのよ。私の話を聞いていてピンとくるでしょ? 私もすごく自信を持って言っているから。自信がないときは全然話せないのよ、これだけ話しているということは、すごく反応が出ている証拠。外でお茶したり、街を散策したり、食べたいものを食べたり、そうすることで今のあなたに必要なエネルギーが出てきますよ」とアドバイスまでいただいた。

なんでわかるのかはわからないけど

今回、ネームリーディングをしてもらった結果、昔から私のことをよく知っている親しい友人にしかわからないような私の性格や特長をこんなにもズバリと言われてビックリでしかなかった。私の場合、良いことはそんなに言われていなくて(笑)、むしろグサっと刺さることばかり言われたけど、イヤな気持ちになることはなくて。それは自分に思い当たることがとてもあるし、ミハエルさんのお話には愛情とユーモアがあるから。終わった後はなんだかスッキリした気分

この「ネームリーディング」という不思議な力は、文字でいくら説明してもうまく伝わらない気がしている。だから今後、毎日更新している「なまえ占い」やマダムミハエルさんの能力がより伝わるようなコンテンツを考えていきたい。

気になる方は、とりあえずネームリーディングをしてもらってください。すみません、今はこれしか言えません。

ホロスコープや四柱推命も、その星の流れなどを読むもの。人気のある占い師とは「読み方」「伝え方」で元気をあたえられる人なのではないだろうか。ズバリと言い当てられても素直に受け取れて、なんとなくスッキリ。自分を前に進めるためのカウンセリングのようなものなのかもしれない Photo by iStock

毎日更新!マダムミハエルのなまえ占い」はこちらをブックマークしてください!