反応を読まれないように警戒

そんなことを思い返し、私の心の声がバレないように表情とリアクションを抑えながら(反応によって性格を悟られてしまうのではないかと警戒。これは占い初心者あるある?)「それは、仕事も恋愛も対人関係もすべてですか?」と質問。

すると、ミハエルさんは「じゃあ、仕事から見てみましょう」と言い、私の下の名前の文字の上下に「仕事」という文字を書き、またペンでグルグルと囲いながらリーディングを始めた。文字と文字の関係性を「読む」とはこういうことなのか! こんなやり方で占っていくんだ!と、その手法にも驚いた。私の体に触れるわけでもなく、名前の画数を数えるわけでもない「ネームリーディング」は、何を根拠に、何が見えているのかはまったくわからないが、なんだか新鮮だった。

必要なものは紙とペン、それだけ 

話は戻り、仕事に関するリーディング結果はというと、
あなたは“心の方位磁石”がはっきりしている。だから、1つのことを追究する研究者みたいな部分もあって、興味があることはとことん調べるし、その調べ方も異常なくらい。逆の場合は、まったくだけどね(笑)」とのこと。

(たしかにそういう部分は自覚がある。仕事の進め方までわかるのか。なんだこれは……!)

同じように「恋愛」も見てもらったら、
最近、感受性がおとなしい。弾んでいることを抑え込んでいて、蓋を閉めている感じがする。付かず離れずの距離感を作っているところがある。あなたは慣れてきたら、たくさん喋るタイプなんだけど、そこまでが遅い感じね」と言われ、特に反論することはなかった(笑)。

(え?え??文字をグルグル囲ってるだけで、こんなことまでわかるの?ネームリーディングって何?特殊能力??ってかマダムミハエルさん、すごっ!)