photo by gettyimages

韓国・文在寅政権が「超孤立化」、最強企業サムスンにも見放され…

「代替調達」は本当に可能なのか

サムスンが文在寅政権と距離を置き…

世耕弘成経済産業相は8月8日の記者会見で、対韓輸出管理強化措置による規制対象3品目(半導体材料となるフッ化ポリイミド、高純度フッ化水素、レジスト)のうちのレジスト(感光材)の輸出を許可したと明らかにした。

安倍晋三政権は事実上、世界最大の半導体メーカーのサムスン電子の強い要請を受け入れたのだ。韓国の主要企業グループ(財閥)にあって他グループを寄せ付けない最強のサムスン・グループが文在寅政権と距離を置いていることは周知の事実である。

photo by gettyimages

韓国政府がスイスのジュネーブで開催された世界貿易機関(WTO)理事会で日本の措置を「自由貿易のルールに反するもの」とアピールした翌日の7月10日、文大統領は安倍政権が韓国向けの輸出管理厳格化を決定したことに関して、国内の30財閥のトップを青瓦台(大統領府)に緊急招集、「官民緊急体制」の構築を呼びかけた。

 

ところが、サムスン財閥創業者一族の李在鎔サムスン電子副会長と、ロッテ財閥創業者次男の辛東彬韓国ロッテ会長の2人は「海外出張」を理由に欠席し、日韓両国メディアが大きく取り上げた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら