撮影/佐藤圭
# 絶景 # 癒し

ブロッケン現象撮った! 大雪山中で霧の中に半円の虹が出現!

北海道から毎日お届け中!

山霧をスクリーンに現れる虹と高山植物の共演

大雪山黒岳に登山に行ってきました。

昼頃まで景色を楽しみ、霧が出てきたので下山を始めました。

黒岳のシンボル『まねき岩』まで下りたときに、下界に向かって陽の光が射しました。

 

すると、山裾の霧の中にが小さな虹が発生しました。

これは半円ですが、ブロッケン現象のようです。

山特有の気象現象ですが、飛行機に乗っていると太陽と逆側の窓から見えることがあるそうです
 

ブロッケン現象というのとは、太陽の光が背後から射しこみ、霧粒によって虹と似た光の輪が現れる大気光学現象のことです。

ブロッケン(Brocken)は、ドイツにある山の名前で、この山でよく観察された現象なので、この名がついたそうです。

虹の中に影が現れることがありますが、古来、欧米の人々はそれを妖怪、日本では阿弥陀如来だと捉えたそうなんですが、まるで真逆の捉え方をしていて面白いですね。

チシマノキンバイソウの群落とブロッケン現象、なんとも神々しい写真が撮れました。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!