母親に意見やアドバイスを求める父

「父はウチに帰って来ると、母に仕事で何があったかよく話すんです。母は専業主婦なんですけど意見をズバッというタイプで、そういうやりとりから、お互いの支え合いというのが見えるんです。うちはすごく……、愛はありましたね(笑)。やっぱり何にも代えがたいものですよね」

愛深い両親の下でお育ちになったクリステルさんは、「自分の子どもにも、そういうところは絶対に伝えたいですね。親にしてもらったことを子どもにしてあげたいと思うのが、自然だと思いますし」と付け加える。

フランスの子どもは、親が仲よくしているのを見て、自分も大きくなったらパパとママみたいになりたいと望む。ところが日本では、親のようにはなりたくないと思う子どもが多いらしい。お金とは全然ちがう、愛というものに目を向けることに生活をシフトしていかないと、人生がつまらないものになってしまうことをフランス人は知っている。

クリステルさんのお話をうかがっていて、彼女がご両親に愛され、お育ちになったご家庭の幸せ度が伝わる。「フランス人のよいところは、いうことはラディカルですが、心の中はすごくコンサヴァなところですよね

フランス人のいうコンサヴァを日本語にすると、保守でしょうか。ご職業柄、さすがにお上手な〆だと感心した記憶が蘇ります。

おふたりのご結婚報道に寄せて、対談からクリステルさんのキャラが全開になっている部分をそのまま抜粋してみました。国民的なヒロインとヒーローの未来に、心からお慶び申し上げます。以上、最後までお読みくださって、ありがとうございました。

記者会見では今まで見せたことのないようなリラックスした表情をみせた小泉進次郎氏。お互いが素のままでいられる基地のような家庭を築くことで、二人のさらなる活躍が期待できるだろう Photo by Getty Images