「ドーミーイン」が満足度1位、出張族・家族連れに選ばれるワケ

妥協なき大浴場がスゴい
瀧澤 信秋 プロフィール

ビジネスホテルのシティホテル化とは、基本的には宿泊特化であるがビジネスホテルとは思えない設備や多様なサービスを提供する戦略とも言い換えることができる。客室への付加価値、付帯施設の付加価値などビジネスホテルにおける差別化の手法は様々であるが、温浴施設はまさに特徴的な設備だ。

ビジネスホテルの主たるターゲットは昔も今も出張族といわれているが、確かに仕事で疲れた体に大浴場は嬉しい。出張族ばかりではない。ビジネスホテルは観光での利用率も上昇しているが、旅の疲れを癒やす大浴場はゲストにとって魅力的なコンテンツ。それが天然温泉であればなおさらだ。今や様々なビジネスホテルで温泉が愉しめるようになった。

かように温浴施設と宿泊施設は親和性が高いので、大浴場を設けるビジネスホテルは増加傾向にある。こうした競争環境のなか、全国規模にして天然温泉大浴場のあるビジネスホテルで圧倒的な知名度を誇り、それによって人気を獲得しているのが、天然温泉ビジネスホテルのパイオニア「ドーミーイン」ブランドなのである。

天然温泉 岩木桜の湯 ドーミーイン弘前〔PHOTO〕ドーミーイン提供

寮の運営会社ならではの発想

ドーミーインの運営会社は「株式会社共立メンテナンス」(東京都千代田区)。設立は1979年で学生寮や社員寮の運営からスタートし、現在はビジネスホテルをはじめ様々な事業を展開している。ビジネスホテル事業へは1993年に参入。全国各地でドーミーインを展開するようになった。

株式会社共立メンテナンスは、前述の通り寮の運営を主幹事業としていた企業だったが、社員寮の入居者からの「出張先でも寮みたいなホテルがあったら」という要望が、ドーミーインを展開するきっかけになった。そもそも寮には大浴場設備があったことから、当時としては珍しい大浴場付きのビジネスホテルを展開していくことに。当初から天然温泉にも注力したことが、いまや全国展開されているドーミーインのルーツだ。

 

同社の公式サイト“共立リゾート”で運営施設の一覧を見るとリゾートホテルや旅館も多く見られる。ドーミーインも含めた公式サイトのURLは【http://www.hotespa/○○○】となっていることからもわかるように、スパ・温泉は同社にとってのアイデンティティともいえる。

現在、ドーミーインには5ブランド約80施設がある。筆者は全国にあるドーミーインを冠する施設へ全軒チェックインした(2018年8月時点・取材で訪れたケースもあるが基本的に自腹である)が、その後も新規開業が続いており、そのスピード感も鑑み“約”というおおよそのカウントとすることをお許しいただきたい。