# 韓国

韓国・文在寅がまた大嘘! 北朝鮮からもバカにされて「万事休す」へ

南北経済統一は実現しない
武藤 正敏 プロフィール

北朝鮮からバカにされる文在寅

北朝鮮にとって、今最も重要なことは、韓国との経済協力ではなく、米韓合同軍事演習を中止させることである。韓国から、経済協力の提案があったからと言って、北朝鮮は飛翔体の発射をやめることはしない。

文在寅氏の北朝鮮支援の考えが空振りに終わった端的な例が、北朝鮮への人道支援提案である。

 

文在寅氏は米国の了解を得て(韓国は米国が積極的に評価したというが、米国はやってごらんと言った程度のようである)行った提案を北朝鮮により一蹴されている。北朝鮮は、文大統領が思い込むほど韓国との関係を重視していない。

文在寅氏は常に北朝鮮との関係を考えている大統領である。その大統領が、今年の3.1独立運動100周年記念行事を一緒に行おうと北朝鮮に提案したが、北朝鮮はこれに応じなかった。

〔photo〕gettyimages

北朝鮮にとって、韓国で起きた3.1独立運動は重要ではなく、金日成が抗日パルチザンとして、日本との独立運動を闘ったことが重要である。そうした歴史と北朝鮮の金日成を祭り上げる行動を理解すれば、北朝鮮が、3.1独立運動100周年記念に協力などしないであろうことは一目瞭然である。北朝鮮一辺倒の文在寅氏はこんなことも理解できないのか。

韓国は北朝鮮と一緒になって、安倍政権と対峙しようとしている。一昨年の光復節(独立記念日)の演説でも、北朝鮮と一緒になって、徴用工の問題を調査しようと提案した。

北朝鮮は今の安倍政権に対しては強硬姿勢を貫いており、一見韓国との共闘の余地があるかにも見える。現に金正恩氏は安倍総理の無条件対話提案を受け入れていない。しかし、北朝鮮は韓国と手を組んで反日をやるとも言っていない。反日のため北朝鮮を利用しようとする文大統領の独り相撲に北朝鮮は付き合ってはくれていない。