# 韓国

韓国・文在寅がまた大嘘! 北朝鮮からもバカにされて「万事休す」へ

南北経済統一は実現しない
武藤 正敏 プロフィール

文在寅が「韓国経済」を衰退させる

大企業も、文在寅政権の経済政策で国内投資をしようとするところは減少しており、一昨年までほぼ10年間、一年当りの海外投資はほぼ80億ドル程度で推移していたものが、昨年は160億ドル強と倍増した。

また、今年前半の海外勢の韓国投資もほぼ半減したようである。これでは韓国の将来の競争力を奪い、韓国経済の衰退を招くことは必須である。

〔photo〕gettyimages

文在寅氏は決して自分の政策の失敗を認め誤ることはしない。

しかし、さすがに韓国の経済の実態が落ち込み、最低賃金の引き上げに耐えかねなくなったため、今年の引き上げ率は2.9%に抑え、これ以上の引き上げができなくなったことについて国民に陳謝した。

 

南北経済協力構想も同じように実現性のない構想である。北朝鮮経済を韓国と協力できる水準にまで引き上げることは至難の業である。それには韓国から多くの資金をつぎ込まなければならない。

しかし、韓国の若者は就職難(若者の体感失業率は25%とさえ言われている)に喘ぎ、ヘル世代(地獄を味わう世代)と呼ばれている。そうした中、北朝鮮経済引き上げのため韓国の資金を北朝鮮に投入すれば、韓国の若者を犠牲にせざるを得ない。

仮に、今は北朝鮮との経済協力を夢見ている人々も、それが韓国の人々、とくに若者の犠牲と引き換えであるとの現実を知れば、文在寅構想に「ノー」を突きつけるであろう。

文在寅氏は、北朝鮮も韓国との経済協力に前向きであろうと一方的に考えている。しかし、文在寅氏の構想に対する北朝鮮の回答が8月6日の日本海に向けた飛翔体2発の発射である。