〔photo〕gettyimages
# 韓国

韓国・文在寅がまた大嘘! 北朝鮮からもバカにされて「万事休す」へ

南北経済統一は実現しない

南北経済協力は「文在寅の夢」…?

8月5日、文在寅大統領は、政権幹部を集めた会合で、「北朝鮮との経済協力で平和経済を実現し日本に追いつく」と述べた。

〔photo〕gettyimages

何と夢のあることか。文在寅氏によれば、「経済規模」と「内需市場」で日本経済は韓国より有利であるが、南北が経済協力をすれば、「経済規模」と「内需市場」が拡大し、韓国は北朝鮮と合わせて日本を追い越すことができる、と言うことである。何と韓国国民に希望を与える構想であろう。

文大統領は、日本が韓国を「ホワイト国」から除外する閣議決定を行った直後、これは単なる輸出管理の運用の変更ではなく、韓国経済の発展、成長を妨害しようとするたくらみである、と日本政府を痛烈に非難していた。文在寅氏は、こうした思い込みで日本への対抗策を模索した。

文在寅氏はもともと南北経済協力を進めたくてうずうずしていたが、米国から、北朝鮮への制裁破りは北朝鮮の非核化を遅らせかねない、と押さえつけられていた。そこで、何かこれを進める糸口はないかと機会をうかがっていた。日本の「徴用工問題への報復措置」(韓国主張のまま)を利用しようと考えたのであろう。

 

日本人にとって、韓国人、特に文政権を理解できない理由が2つある。

第一に韓国人を合理的に理解しようとしても、理解できない。韓国人は理性ではなく感性で物事を考えているからである。その独特の感性は韓国人で出なければ理解できないだろう。

第二に、韓国人、特に文在寅氏は自分が考えていることは正しい、相手も同様に考えるだろうという独善的発想を持っていることである。

理解しがたい韓国人が端的に表れた例が、8月5日の南北経済協力構想である。