photo by Getty Images

アスクル騒動で「真の勝利」を手にしたのは誰なのか…その意外な深層

孫正義氏「反対」発言の意味とは

経営権は掌握できず

東証1部上場のアスクルと、同社の株式の約45%を持つ「親会社」ヤフーとの経営権争いは、8月2日のアスクル総会で、ヤフーが岩田彰一郎社長らの再任を拒否する議決権行使を行い、岩田氏と独立社外取締役3人が退任した。

これでヤフーが経営権を掌握し、「ヤフー勝利」が確定したように見えるが、実態はそうではない。むしろヤフーは次の一手を繰り出せず、自らの親会社でもあるソフトバンク・グループの総帥、孫正義氏にも見捨てられかねない状況に追い込まれているのだ。

「今泉氏の取締役選任議案に賛成の方は拍手をお願いいたします」

議長の岩田社長が採決を取ると、会場での拍手はゼロだった。

「事前の議決権行使書などにより、賛成が過半数を超えており、よって、今泉氏の取締役選任議案は可決されました」

東京・九段下のホテルで行われたアスクルの株主総会では、前代未聞の光景が繰り広げらた。賛成の拍手がゼロの中で、議案が可決されたのだ。

 

今泉氏とはアスクルの株式の約11%を持つ事務用品大手プラスの今泉公二氏。会社側が提出した10人の取締役候補のひとりだが、ヤフーに同調して、岩田社長らの再任に反対の議決権行使を行っていた。

会場の株主はそんな今泉氏に「反対」の姿勢を見せたが、事前に提出された議決権行使書で、約45%を持つヤフーと、11%を持つプラスが賛成していたため、取締役に再任されたのだ。

このほか、ヤフー取締役専務の小澤隆生氏と、ヤフーから出向して執行役に就いている輿水宏哲氏も取締役候補だったが、会場での賛成の拍手はパラパラだった中で、大株主の意向で再任された。

総会の日の午後7時。都内の会議場で「新執行部」による記者会見が行われたが、そこには3人の取締役しか顔を出さなかった。

総会で選任されたのは、小澤氏、輿水氏、今泉氏の「ヤフー派」3人と、BtoB事業のCOO(最高執行責任者)だった吉田仁氏、BtoC事業のCOOだった吉岡昭氏、チーフマーケティングオフィサーの木村美代子氏の「社内3人」の計6人。総会後の取締役会では「賛成多数で」、吉岡氏が社長兼CEOに就任、吉田氏は引き続きBtoB事業COOとなり、木村氏が新たにBtoC事業COOに就いた。

総会で勝利したはずのヤフーは、総会前から「新社長を送り込むことはしない」と公言していた。

ヤフーとアスクルの間に存在する「業務・資本提携契約」には、ヤフー側から送り込める取締役の人数を2人までとし、株式の買い増しも禁じる「独立性尊重」の規定がある。今後もこの契約は生き続けると吉岡・新社長も明言しており、ヤフーは本当の意味で、経営権を奪取できていないわけだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら