〔photo〕iStock
# 株主優待

カリスマ直伝、夏に仕込んで儲ける「すごい株主優待」全実名を明かす

10万円以下で買える銘柄も!

夏の株主優待は「宝の山」

こんにちは。株主優待好きの主婦、まる子です。今年も暑い夏がやって来ましたね。

今年は5月に10連休、8月のお盆休みも日の並びで9連休という方も多いのではないでしょうか。お休みが多いと、つい財布の紐も緩みがち。10月には消費税増税も控えていますし、お小遣いを少しでも節約するために株主優待を活用してみてはいかがでしょうか。

〔photo〕iStock

8月の優待銘柄は、流通系や小売りなどの生活に密着した、身近な会社が多く、ランチでよく使う「あのお店」や、いつも使う「あのスーパー」など、使い勝手の良い銘柄が多くあります。

また、8月権利ですと優待券は11月末頃届くので、忘年会の幹事を買って出て、優待券が使えるお店を会場に選んだり、ご家族や友人とのクリスマスディナーで使えるお店を考えたり、ご自身だけでなく周りの方々も楽しめる優待券の使い方がありそうです。

年末はクリスマスプレゼントや外食などで出費もかさむ時期だと思います。今から対策を考えて、少しでもお得に防衛してみませんか。

 

まずは基本のお勧め銘柄から。

小売りは何といってもビックカメラ(3048)でしょう。

〔photo〕gettyimages

インバウンド需要が減ってきたとはいえ、増税前の駆け込み需要やラグビーW杯、オリンピックでの家電の買い替え需要もあり、業績は堅調。

株主優待は1,000円のお買い物券ですが、家電だけでなくおもちゃやお酒など取扱商品は幅広く、ご家族皆さんで使えるのが魅力。長期優待制度もあり、1年以上の継続保有ですと優待額も増加します。