〔PHOTO〕iStock
# ジェンダー

男の子はいかにして「男らしさの檻」に閉じ込められるのか

自由は実は自由じゃない

レッド・ツェッペリンと「男らしさ」の問題

若かった頃、
一人前の男になるってのはどういうことか(what it was to be a man)
教えてもらった。今、その年になって
できるかぎりその手のことを
ちゃんとやろうとはしてるんだ。どんだけ頑張っても
行き止まりに突っ込むだけなんだけどな

これは1969年にレッド・ツェッペリンが出した楽曲「グッド・タイムズ・バッド・タイムズ」冒頭の歌詞の日本語訳(拙訳)だ。ジミー・ペイジのギラつくギターにあわせてロバート・プラントが歌うこの詩は、「男らしさ」の矛盾をとてもシンプルに表している。

つまり、男の子(boy)は実は小さい時に「一人前の男」(man)というのはどういうものかに関する固定観念をたたき込まれて育つが、実際のところ、そんな概念を体現できる立派な大人の男にはなれっこない、ということだ。この歌詞は「男らしさ」の理想と現実を簡潔に歌い上げている。

この曲は名曲だが、レッド・ツェッペリンが悪い意味で「男らしさ」にとらわれたバンドだったことを考えながら聴くと、さらに面白い。紛れもなく史上最高のロックバンドのひとつだったが、人格は別だ(バンドとしての人格、性格に問題がありすぎて、レッド・ツェッペリンを題材に『ボヘミアン・ラプソディ』みたいな感動映画を作るのはまず無理だろう)。

 

2012年に作られた『サンセット・ストリップ ロックンロールの生誕地』というドキュメンタリー映画ではシャロン・オズボーンが、いかにレッド・ツェッペリンが女性ファンの忍耐を試すような行為をわざとやって面白がっていたかを回想している。

オジー・オズボーンの妻であるシャロンはちょっとやそっとのご乱行では驚かないはずだが、そのシャロンを引かせるくらいにグルーピー(熱狂的なファン)に対するモラハラがひどいバンドだった。未成年のファンを誘惑し、酔っ払って女性に暴力を振るうなど、たくさん悪行をやらかしている。

レッド・ツェッペリン、1975年のライブ。ロバート・プラント(左)とジミー・ペイジ〔PHOTO〕Gettyimages

問題は、こういう行為が「音楽的には凄いけど倫理的に問題あるよね」ではなく、「ロックスターはあれくらいワイルドじゃないと」と受け取られがちだったことだ。男性、とくに才能溢れる男性芸術家というのは、乱暴で他人を尊重しなくても許される、むしろそのほうが男らしい、という考えが70年代頃のロックの世界には満ち満ちていた。

レッド・ツェッペリンの曲には自由や束縛からの逃走に関するものもたくさんあるが、実は伝統的な「男らしさ」の檻にとらわれていた。レッド・ツェッペリンにはそもそも「一人前の男になる」ことについて、何か悪い思い込みがあったのかもしれない。