Image by iStock

やらないほうがマシ…? 成功しても後遺症のほうがつらい手術

医者には勧められたけれど

割にあわない

「こんなことになるなら、手術なんてやらないほうがマシでした。そもそも前立腺がんは進行が遅い。それに放射線治療も含めて他の選択肢だって残されていました。でも、医者が『早く切って安心しましょう』と唆してきたんです」

こう憤るのは、富田浩二さん(62歳、仮名)。半年前に前立腺がんの手術を受けてから、つらい後遺症に悩まされている。

 

富田さんのがんが見つかったきっかけは妻と受けた人間ドック。血液検査でがんが発覚し、即手術を受けることになった。手術は無事成功したが、直後から深刻な尿漏れと勃起障害が彼を襲う。

「とにかく、尿漏れはストレスです。起床したとき、散歩したとき、食事のとき、あらゆる場面で漏れてしまう。自分では制御できず、気がついたらジワ~っと股間が濡れているんです。『またか』と。これは屈辱的ですよ。

Image by iStock

勃起障害もそうです。手術前、医者からは『射精時に精子は出なくなるけど勃起には影響しない』と説明を受けました。でも、いざ妻とセックスをすると手術のせいで精液が体外に出ず、膀胱に流れ出してしまう。

体内で精液が逆流する感覚が気持ち悪くて。結局、だんだん回数も減っていき、セックスレスに。いまでは完全に勃起不全になってしまいました」

富田さんが怒るのも無理はない。前立腺がんは他のがんと比べて進行が遅く、「死なないがん」として知られている。彼は必要のない手術のせいで、割に合わない後遺症に苦しめられているのだ。

「たとえがんが見つかっても、患者さん本人が生活を送る上で不自由を感じていないのならば必ずしも手術をする必要はありません。手術を受けることで深刻な後遺症を招く可能性がある。放っておいたら将来、どんな問題が起こるか理解した上で、がんそのものが日常の中で邪魔になっているかを見極めなければいけません」(東海大学名誉教授の田島知郎医師)