8月18日 彗星探査機「すいせい」の打ち上げ(1985年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

この日、日本の宇宙科学研究所が、ハレー彗星探査機「すいせい」を鹿児島宇宙空間観測所から打ち上げました。

【CG画像】ハレー彗星探査機「すいせい」
  ハレー彗星探査機「すいせい」 photo by JAXA

「すいせい」はこの年の1月に打ち上げられた「さきがけ」に続く、日本初の本格的な彗星探査機です。翌1986年に太陽に最接近したハレー彗星の国際協力探査に参加し、彗星付近の太陽風の観測や、中心核の紫外線写真の撮影などを行いました。

ハレー彗星がふたたび太陽のそばにやってくるのは2061年の夏になるそうです。そのころまでに宇宙旅行が簡単にできるようになっていたら、ぜひ彗星の近くまで見学に行ってみたいですね。

関連の日

欧州宇宙機関(ESA)でもハレー彗星探査機を打ち上げ!
7月 2日 ハレー彗星探査機「ジオット」打ち上げ(1985年)
ハレーすい星をおさらい
2月 9日 ハレー彗星、76年ぶりの最接近(1986年)