8月16日 日本の最高気温が74年ぶりに更新される(2007年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

2007年のこの日、埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市において、当時の日本における観測史上最高気温40.9℃が記録されました。

それまでの最高気温の記録は、山形県山形市において1933年7月25日に観測された40.8℃で(現在は歴代第6位)、じつに74年ぶりに日本の最高気温が更新されることとなりました。

しかし、それからわずか6年後の2013年8月12日、高知県四万十市で41.0℃という気温が記録され、さらに2018年7月23日には再び熊谷市で41.1℃と、記録が更新されています(参考:気象庁HP「歴代全国ランキング」)。

なお、最低気温の記録を見てみると、北海道の旭川市においてマイナス41.0℃という数値が1902年に記録されています。こちらは100年以上にわたって破られていない、まさに空前絶後の記録となっています。

【写真】冬の旭川
  冬晴れの旭川市の旭橋。暑い日が続くので、あえて冬景色で涼もうという目論見です photo by gettyimages

オススメ関連書籍はこちら

人類と気候の10万年史
過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか

人類は、現代とはまるで似ていない気候激変の時代を生き延びてきた!? 湖の底に刻まれた過去の精密な記録から気候変動のメカニズムに迫り、人類史のスケールで現代を見つめなおす一冊。第33回講談社科学出版賞受賞作です。