〔PHOTO〕Gettyimages

ソニーとシャープ「驚異の復活」を遂げた二社の意外な共通点

これが日本企業の底力だ

ソニーの業績が絶好調だ。2019年4~6月期の営業利益は過去最高を更新し、着実に利益体質にシフトしている。同社は大規模な赤字を垂れ流すなど経営危機が囁かれた時期もあったが見事に復活を遂げた。同じく倒産寸前まで追い込まれたシャープも、今はほぼ完全復活を果たした状況にある。

両社に共通しているのは、「何の変哲もないフツーの会社になる」勇気を持ったことである。企業は過度に理想を追い求めるべきではなく、商売の基本に徹するのが原則だ。

 

ソニー平井氏への「間違った期待」

ソニーの2019年4~6月期の決算は、売上高が前年同期比1.4%減の1兆9257億円、営業利益は18.4%増の2309億円と、四半期決算としては3年連続で過去最高を更新した。売上高が減少する中での大幅増益であり、利益重視への転換が順調に進んでいることをうかがわせる。

同社は2011年3月期に2612億円、2012年3月期には4550億円もの巨額赤字を計上し、一時は経営危機も囁かれた。

1999年に同社のCEO(最高経営責任者)に就任した出井伸之氏は、ビジネスモデルのIT化に邁進し、一時は現在のアップルのような業態を模索したものの、結果を出せずに退任。2005年からCEOの座を引き継いだハワード・ストリンガー氏は、エレキ部門の復活とコンテンツ部門の拡大を図ろうとしたが、やはり成果を上げることができず、その間、同社の業績はみるみる悪化した。

巨額赤字計上後、ストリンガー氏の後任として同社復活を託されたのが、前CEOの平井一夫氏だが、就任2年目から1000億円規模の赤字を連続して出す羽目になり、出鼻をくじかれてしまった。

ソニーの平井一夫氏〔PHOTO〕Gettyimages

ソニーは、「ウォークマン」に代表されるような、消費者の心をつかむメガヒット商品を開発し、それを起爆剤にして業績を拡大させるという戦略を得意としてきた。ひとたび大ヒット商品が出れば、開発費を多少、ムダにしたところで、回収するのは簡単である。悪く言ってしまえば、湯水のようにお金を使っても、ヒット商品を出しさえすれば、それでチャラというのが同社の価値観であった。

平井氏にも当初はそのような期待が多く寄せられ、報道陣からは「ソニー復活の起爆剤となる商品は何か」という質問が何度も浴びせられた。平井氏はソニー・ミュージック・エンタテインメント出身で、物腰が柔らかく、いかにもソニーの社長らしい人物だったことも、周囲の期待をより大きくさせた面もあっただろう。

しかし大規模な赤字を連続して垂れ流している同社には、もはや過去と同じ戦略を採用する体力は残っておらず、次世代のウォークマンを開発するという平井氏の戦略はすぐに行き詰まった。表面的には「軽さ」の漂う平井氏だが、同氏の経営者としての力量が花開いたのは、むしろその後だった。