Image by iStock

高齢者が「絶対なってはいけない病気」ある日突然、地獄が始まる…

これだけは知っておきたい
若い頃にはなんでもなかった病気も高齢になってかかると事情はまるで違う。どうせすぐ治る、そう甘くみていたら深刻な症状に悩まされることになる。自分だけは大丈夫、そんな幻想は今すぐ捨てたほうがいい。

肺炎の菌が脳に

「容態が急変する1ヵ月ほど前から、主人は『なんだか様子がおかしい』とボヤくようになったんです。でも、ゴホゴホと咳き込んだり、頻繁に痰が出たりというわかりやすい症状は一切なかった。定期的に体温を測っても、せいぜい37℃を少し超えるくらいの微熱しかないんです。

 

『よくわからないんだけど、元気が出ない。調子が悪いんだ』と不安な声を漏らしていました。いま振り返れば、あの曖昧な症状こそが大事なサインだった。夫の体に現れていた深刻な予兆を、私は完全に見逃していたんです。悔やんでも悔やみ切れません」

これは2年前、夫の博史さん(享年68、仮名。以下、医師を除きすべて仮名)を肺炎球菌性肺炎で喪った池谷静香さん(65歳)の懺悔だ。

冒頭のように博史さんがぼんやりとした異変を訴え始めたのは8月のことだった。

それまでは体調管理に努め、涼しい早朝の時間帯に30分のウォーキングを日課としていた博史さんだったが、だんだん『今日は気乗りがしないからやめにする』と、外出を敬遠するようになっていった。ノッソリとベッドから這い上がるように起床してもソファに座り、ボーッとテレビを見るような日々が続いていた。

Image by iStock

そんな状況でも明らかな不調が見られなかったため、静香さんも無理に病院に引っ張っていくようなことはしなかった。暑さで疲れているだけ、一過性のものだろうと深刻には受け取らなかった。だが、そんなある日、博史さんがバッタリと倒れてしまう。

「主人が起きぬけに『静香、頭が割れそうなほど痛いんだ』と訴えてきたんです。たしかに主人の表情はそれまでとまったく違う深刻なもので、これはただ事ではないと直感しました。

さらに、それまでは微熱程度しかなかった体温も40℃近くまで一気に急上昇していました。後頭部から首にかけての筋がガチガチに硬直してしまって、自由に動かすこともままならない。だんだん意識も朦朧としてきて、ビクビクと痙攣しながら『ウゥ~、アゥ~』といううめき声まで上げはじめました。