あいちトリエンナーレでも露呈…表現の自由と権力の危ない関係

「メディアの忖度構造」という問題
中島 岳志 プロフィール

NHK・マスメディアの忖度も同じ構造

誰かが「放送するな」と言っているのではなく、みんなが勝手に「これをやったら抗議が来る」と自主規制している。そこに権力が内在しているというのが森さんの結論です。NHKをはじめとするマスメディアが今やっているのは、まさにこれじゃないかと思うのです。

安倍首相などの政治家が、メディアに対して直接的に「これをやれ」と指令を出すわけではおそらくないでしょう。

ただ「こうしたら官邸が満足するんじゃないか」「文句を言われないんじゃないか」と、忖度に忖度を重ねて、結果として過度に政権を持ち上げるようなニュース番組ができあがるという構造。

直接の指示がないのにそうなっているという問題を、私たちは考えなくてはならないと思います。

 

2001年の「NHK番組改変」問題もまったく同じです。

日本軍による「従軍慰安婦」問題の法的責任を追及する民間法廷を追ったドキュメンタリー番組の内容が、放送直前に改変されたという問題ですが、その背景に政治家の介入があったのではないかといわれている。

少なくとも、放送前日にNHKの幹部が永田町に呼び出されて当時の官房副長官に会ったことはたしかなのですが、この「官房副長官」が安倍晋三氏なのです。

安倍さんはもちろん、「圧力なんてかけていない」と言っています。のちに当時の放送総局長が朝日新聞の取材に応えて明らかにしたところによれば、安倍さんが言ったのは「勘ぐれ、おまえ」という言葉だった。つまり、「ここをこう変えろ」といった直接の指示はしていないのです。

でも結果として、「忖度」によって、番組の内容は変えられてしまった。自主規制の構造をよく知っているのが今の官邸だということを、メディアはしっかりと認識しておかなくてはならないと思います。