あいちトリエンナーレでも露呈…表現の自由と権力の危ない関係

「メディアの忖度構造」という問題
中島 岳志 プロフィール

「下手なことをいうとつかまるかもしれない」

「宮澤」というのは、そのとき北海道帝国大学の工学部に通っていた、宮澤弘幸という大学生です。一方の「レーン」は、同大に勤務していたアメリカ人英語教師。

旅好きで、英語が得意だった宮澤くんは、週末のたびにレーン先生の自宅サロンで旅の話をするのを楽しみにしていたそうです。

その宮澤くんとレーン先生が、41年の12月8日、太平洋戦争の開戦が伝えられた当日に突然逮捕されます。罪名は「軍機保護法違反」。

軍機保護法とは、もともと日清・日露戦争の時代にスパイ防止の目的でつくられた法律なのですが、日中戦争が開戦した1937年に改定され、軍人だけではなく民間人も対象に含まれることとなりました。二人はその軍機保護法に違反したというのです。

慌てて東京から駆けつけてきた宮澤くんの両親は、警察などで「うちの息子は何をやったのか」と聞き回りますが、どこへ行っても「それは軍事機密だ」といって教えてもらえない。

結局、レーン先生は国外退去、宮澤くんは裁判で有罪判決が出て、刑務所へ送られました。刑務所では厳しい拷問などもあったようで、宮澤くんは戦後に釈放されたものの、栄養失調と結核がもとですぐに亡くなっています。

 

では、彼らはいったいどんな罪を犯したのか。

裁判記録などが燃やされてしまったこともあって、二人がどんな疑いをかけられたのかは戦後も長く不明のままだったのですが、10年ほど前にようやく関連資料が発見されました。

それによって、主な逮捕理由が見えてきたのですが、その主要なものの一つに道東に旅行に出かけた宮澤くんが、帰路にたまたまほかの乗客から耳にした「根室には海軍飛行場がある」という内容について、レーン先生に話したということがありました。

しかし、根室に飛行場があるなんていうのは、地元の人なら全員知っている話だったし、店で売っている地図にも載っていた。軍事機密でもなんでもなかったのです。

つまりこれは、敵国人と親しくするとこうなるぞという「見せしめ逮捕」だったのだと思います。