〔PHOTO〕iStock

あいちトリエンナーレでも露呈…表現の自由と権力の危ない関係

「メディアの忖度構造」という問題

愛知県で開催されている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展の一つ「表現の不自由展・その後」に抗議・脅迫があり、開催わずか3日目の8月3日で中止されることになった。会期がはじまると、菅義偉官房長官や、河村たかし名古屋市長らも展示を批判した。

「表現の自由」と権力の関係はどうあるべきなのか。本件をきっかけに考えておきたい「メディアの忖度構造」について、政治学者の中島岳志氏がフーコーをもとに分析する。(本稿は『支配の構造  国家とメディア―「世論」はいかに操られるか』(SB新書)より抜粋して紹介する)

 

もっともローコストで効果的な監視システム

今日本で蔓延している「忖度」とは何なのかを考えるときに、私はフーコーのいうパノプティコン(全展望監視システム)についての議論が重要だと思います。

フーコーがこの議論の中で言っているのは、権力の作用というのは、その「まなざしの内面化」によって最大化されるということです。どういうことか。

まずパノプティコンとは、監獄に備え付けられた全展望監システムのことです。

そこでは、看守が囚人をどこからでも監視できるようになっていますが、看守の姿は囚人から絶対に見えないように設計されている。

すると、実際に看守が監視しているかどうかにかかわらず、囚人は常に「見られているのではないか」という不安に駆られ、従順な行動を取るようになるとフーコーは言います。

つまり「実際に監視しているかどうか」は問題ではなく、「監視されている」という感覚、監視者のまなざしが囚人の中で深く内面化されたときに、当初意図された以上の効果が、しかももっともローコストな形で作用するということなんですね。

日本における「忖度」の問題も、この「内面化」の作用が働いているのではないかと思います。

それを強く感じさせるのが、1941年に私の以前の勤務校である北海道大学(当時は北海道帝国大学)で起こった「宮澤・レーン事件」です。