日韓が「敵対関係」の中、「慰安婦像」という劇薬がもたらしたもの

「表現の不自由展・その後」中止を考察
原田 隆之 プロフィール

あいちトリエンナーレ

愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」で、慰安婦を象徴する「少女像」を展示したことなどが大炎上し、展示はわずか3日で中止に追い込まれた。このほか、昭和天皇の遺影を燃やすかのような動画の展示もあり、大きな物議を醸した。

朝日新聞によれば、芸術監督の津田大介氏は、企画展の目的について、「感情を揺さぶるのが芸術なのに、『誰かの感情を害する』という理由で、自由な表現が制限されるケースが増えている。政治的主張をする企画展ではない。実物を見て、それぞれが判断する場を提供したい」と話したという。

さらに、私なりに解釈すると、主催者が意図したことの1つは、芸術作品を通して、世界地図を逆から眺めるように、ひとまずは自分の立場や考えを横に置いて、いつもとは異なった目で、あるいは中立的な目で、人々の間に横たわる大きな問題を見てみようということだったのかもしれない。

 

もちろん、日本人のほとんどは、この少女像を間近に見たことはないだろう。この像をめぐっても日韓はたびたび衝突を繰り返しているため、憎悪にあふれたニュースの画面を通して見ただけである。

しかし、政治的な思惑や好悪の判断をひとまずは横に置いて、芸術の場で「作品」として見てみれば、そこに新たな視点が得られるかもしれない。それくらいの心の余裕があってもよいではないか。

これまでニュースで「見たものがすべて」と考えて、直ちにこれを「反日」の象徴ととらえて、ヒステリックに反発する人がいるが、戦争が生んだ悲劇の象徴として、そして平和や人権という共通の価値の象徴として、中立的にとらえることのできる場ともなったはずだ。

とはいえ、名古屋市の河村たかし市長は、「日本人の心を踏みにじる行為」と述べて、展示に抗議した。松井一郎大阪市長も、「我々の先祖が、けだもの的に取り扱われるような展示物」と嫌悪感を示したという。

これらは、彼らが少女像に彼らなりの「物語」を被せているからであって、それは日韓の政治的な軋轢のなかで醸成され、感情的な色が加わったものであることに気づいていない。