「怒りが最高のエンタメ」と化した令和のネットで、破滅を避ける方法

御田寺圭×ハヤカワ五味 特別対談
御田寺圭, ハヤカワ五味

ハヤカワ 確かに御田寺さんが言うように、「悲しい」「つらい」「寂しい」といった個人の感情が、ただの感情ではなく「被害」であると捉えられるようになったのは、すごく大きな変化ですね。

もちろん本当に被害を受けている人もいるけれども、その一方では個人の主観だけで悲しさや辛さも含めた何でもが「被害」だと言えてしまう危険性もあるし、実際は特定の誰かが悪いわけではなくとも「加害者がいる」という話になる。そういう一線を越えるタイミングが、この数年間で訪れてしまったのかもしれません。

政治家や有名人の発言を「失言だ」といってバッシングする時も、よくよくその人の意見を読んでみるとさほど問題ないのに、なかば意図的に誤読して「悪」と認定するようなケースもありますよね。事実を無視して、とにかく自分たちのコミュニティの中で意見が一致していればいい、というのはどうかと私も思います。

 

共感で「悪者」を決める社会

御田寺 共感は「是々非々で考える」ことを難しくします。仲間が「怒り」や「被害」の意識で堅く結びついている時に、「加害者」とされた対象をきちんと精査して「いや、この人って本当に悪なの?」と言うのは勇気が要ります。

ハヤカワ たとえば、私自身フェミニストを公言していますが、少なくとも今のネットにおける「フェミニズム」の異論を差し挟めないような雰囲気に関しては、疑問を持つようになりました。

もちろん私の周囲にもフェミニストの女性が多いのですが、センセーショナルで悪意のある記事見出しを見て怒っているような人には一度落ち着いて話し合おうよ! と思うときもありますし、そのような悪意ある編集によって扇動を行うメディアには意見していきたいと思っています。また、一見異なる視点の意見や批判もきちんと受け止めて乗り越えられないと、広がらないし、継続性も低いのかなと思います。

御田寺 議論をする際の作法として、よく「意見と人格は分けて考えろ」と言われますが、その人の主張が当事者性に依拠する場合、これがとても難しくなります。なぜなら、あくまで主張に対する批判であったとしても、主張が人格や経験に基づくものであれば、人格や経験そのものの否定・批判に接続されてしまうため、それ自体が攻撃や加害に見えてしまうからです。

少なくともSNSにおけるフェミニズムの雰囲気には「傷つきたくない文化圏」を感じます。向けられた批判が自分たちの怒りや苦しみを否定したり無化したりするものだと思ってしまうから、批判に対して「また私たちを傷つけるつもりか! 許さない!」という反応になってしまう。もちろんこれはフェミニズムに限ったことではないでしょうけれど。

Photo by gettyimages

ハヤカワ いろんな界隈で、同じようなことは起きているような気がしますね。でも、いま世の中がそういうふうに感情で溢れる状況に至ったことも、ある意味で正しいというか、必然なんじゃないか、と思う部分もあります。つまり、感情をほんとうに理性や論理で乗り越えるべきなのか、という見方も成立すると思うんですよね。

御田寺 特に心配なのは、世間が市民感情で「悪」を設定しこれを吊るし上げる「人治主義」にどんどん進んでいるように見えることです。みんながひとしく「怒り」を向けられるような「悪」が毎日のように探し出されている。「怒り」がネット上で一番ホットな商品、一番盛り上がるエンタメになっている現状を、なんとか変えないといけないんじゃないでしょうか。