僕がフジロックに絶望した理由…「夏フェス」を劣化させたのは誰か

在りし日の魅力が消えてしまった
雨宮 旅人 プロフィール

フジから帰ってまず現実に戻るのは、通勤途中に駅で買ったペットボトルのラベルをはがし、キャップと分別して捨てようとしている自分に気がついたときだった(周りにそんなことしている人、いないのに)。そのくらい3日間で、徹底してその行動は身に染み付いていた。実際、僕はフジに通うようになってから駅や道に落ちているゴミを拾う習慣がついたくらいだ。

しかし、今や会場はゴミだらけだ。落ちているゴミをみんな平然と踏んで歩いている。いつしか「世界一クリーンなフェス」というキャッチフレーズは、フジロックからは完全に失われてしまった

 

「マナーの劣化」をもたらす者は誰か

上記のようなことをつらつらとツイッターに投稿したところ、賛同する声をいくつかいただいた。同じ思いをしている人が多かったのだと気づかされた。音楽ライターの小野島大さんもノートに同じようなことを投稿されていて、たくさんの共感するコメントが付いていた。共通しているのは、「なんとかしなくちゃならないよね」という願いのようなものだ。

フジ以外のフェスではどうなのだろうか。

たとえば同じような大型フェスとしては「サマーソニック」がある。サマーソニックは都市型フェスという特徴があるので、椅子の問題はほとんどない(地面に座ることができるからだ)。

しかし、撮影の問題はフジよりひどい(去年は撮影するファンにバンドのボーカルが激しく注意する場面を見た)し、フジよりもはるかにゴミの分別がゆるいにもかかわらず、あちこちにゴミが散乱しているのをよく見かける(特に深夜のミッドナイトソニックやソニックマニアの観客のゴミの扱いは、何度見てもひどい。ただゴミ箱に入れるだけなのに、だ)。

Photo by iStock

フジロックだけが、突出してひどい、というわけではないようだ。

よく聞くのが、「海外の客が増えたことにより、マナーが悪化した」という声だ。僕もそのことは気になっていたので、マナー違反する客の話す言葉や様子を見ていた。だが、マナーに違反している人のほとんどは、日本人だった。外国からの客ではない。

モラルやマナーの低下を貧しさに求める人もいる。確かに、かつて高度成長前の日本の街はゴミであふれていたし、マナー違反も多かった、と聞く。貧すれば鈍する、ではないが、貧しさが社会のマナーを低下させている、という側面がないわけではないだろう。