タイの美食エリア、東北部・イサーン地方の旅の第2弾。2018年は年間少なくとも100日はどこかの国を旅していたライターの私が「一番好きな国は?」と聞かれて答えるのがタイ。その大きな理由のひとつが料理が美味しいことだ。タイ料理の原点といえるイサーン地方にこうしてやってきたが、食べどころが多すぎて、あっという間に1記事の文字数を使い切ってしまった! 

そう、タイ、そして、今回、旅したイサーン地方は広い。日本の約1.4倍にあたる、約51万3千平方キロメートルの面積を持ち、イサーン地方は、広いタイ全土の約3分の1をも占める。

イサーン地方、タイ料理には欠かせない麺など、大人の食い倒れの旅を続けるとしよう。

取材・文/長谷川あや 写真/西山浩平

タイ人にも人気!
メコン川沿いの街・チェンカーン

大人の女性旅にいち推しなのは、ルーイ県のチェンカーン。ルーイは、バンコクから北へ約500キロ。メコン川を挟んでラオスと国境を接する街だ。チェンカーンは、そのルーイの市街地からさらに北に約50キロ、車で約1時間の場所にある。

メコン川はチベット高原に源流を持ち、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムにまたがる大河だ。全長はなんと約4800キロ! 
メコン川沿いの小さな町・チェンカーン。築100年を超える古い木造家屋が建ち並ぶ。メコン川の対岸はラオスだ

「行くだけでも大変では?」と思うかもしれないが、メコン川沿いにタイの伝統的な木造長屋が建ちならぶチェンカーンは、タイ人にも人気の観光地とあり、ルーイの空港や市内から直通バスが出ているし、LCCを代表する存在でもある「エアアジア」を使えば、フライトと現地での移動手段がセットになったサービス(「シティ・トランスファー」)を使うこともできる。移動のハードルはそれほど高くない。

旅行者が必ずといっていいほど足を運ぶのは、「チェンカーン・ウォーキング・ストリート(Chiang Khan Walking Street)」。メコン川から1本離れた道に、さまざまな屋台や露店がずらりと並ぶ。おしゃれなゲストハウスもいくつかあり、こちらにステイし、メコン川を眺めながら、時間を忘れてだらだらしたい!

チェンカーンの目抜き通りであるウォーキング・ストリートには、ゲストハウスやレストラン、土産物屋などが軒を連ねる
河を利用したラオスとの貿易港として栄えたチェンカーンの木造建築の建物は、イサーン地方の伝統的な建築様式とラオスの建築様式が融合しているのが特徴的だ
夕方からはローカルフードの屋台も登場。朝は托鉢の僧侶が往来する
ウォーキング・ストリートのアクセサリーショップ。ピアスが約200円と聞いた途端、買い物に突入してしまった