撮影/佐藤圭
# 絶景

見ればあなたも幸せに! 夕陽が緑色に光る「グリーンフラッシュ」

めったに見られない奇跡の絶景です

小説にも映画にも歌にもなってます

北海道留萌市の黄金岬で撮影した「グリーンフラッシュです。

グリーンフラッシュとは、太陽が海に沈む直前に緑色に光る現象です。めったに見ることができないので、ハワイやグアムでは「グリーンフラッシュを見た人は幸せになれる」という伝説があるそうです。

 

日本ではあまり知られていていないようですが、このページの担当編集者さんによると、『十五少年漂流記』で有名なSF作家ジュール・ベルヌは、『緑の光線』というタイトルの「グリーンフラッシュ」を追いかける小説を書いていて、フランス映画にも『緑の光線』(1986年、エリック・ロメール監督)という作品があるそうです。そういえば、AKB48が『Green Flashグリーンフラッシュ)』という曲を歌っていましたね。

ハワイなどで撮影された「グリーンフラッシュ」の画像は有名ですが、留萌でも撮れないかと観察を続け、やっと撮影に成功したものです。

沈む黄色い太陽の両端が緑色になっているのがわかりますか
 

この「グリーンフラッシュ」、普通に夕陽を見ていても見ることはできません。

なぜかと言うと、すごく遠くて小さいんです。

そのため、観察するには、双眼鏡もしくは望遠レンズのカメラが必要になります。

しかし、「目を痛めるので双眼鏡で太陽を覗いてはいけません」と説明書に書いています。

観察方法は、太陽がまだ輝いている瞬間を見るのではなく、太陽が沈む直前の瞬間(沈んでいると暗くなります)を見ます。

早くに見すぎると、目が痛くなります。

そのタイミングが難しいので、真似しないほうがいいかもしれません……。

ぐっと寄るとこんな感じです
 

カメラで撮影するなら、太陽にピントを合わせて、リモコンスイッチで撮影も可能なので、太陽を望遠レンズで直接見なくてもできます。

観察の条件は、水平線まで綺麗に空気が澄んだ日です。

少しでも霞んでいると見えません。

年に1、2回のチャンスと言っても過言ではありません。

ちなみに、北海道全179市町村のご当地ソングづくり制覇を目指している、北海道出身・在住の音楽ユニット「HAMBURGER BOYS」が、ぼくらの地元、留萌市、増毛町、小平町の歌「R.M.O」(https://www.youtube.com/watch?v=JvMgn6Uacic)を作ってくれたんですが、その中で繰り返されるコーラスは、「グリーンフラッシュ」です。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!