〔photo〕gettyimages
# 民泊

現役芸大生が考えた、エアビーの「新しいサービス」が画期的すぎる!

ビジネスは進化する

エアビーのビジネスはまだまだ進化する

Airbnb(エアビーアンドビー)は昨年12月より京都造形芸術大学との包括的な提携を結んでいます。この取り組みについては今年4月の寄稿でもご紹介させていただきました(『Airbnb(エアビー)が「芸大と手を組む」のには深いワケがある』https://gendai.ismedia.jp/articles/-/63884)。

今回はそんな大学との取り組みの一つである、クロステックデザインコースで提供する寄付講座の「中間成果」についてご紹介したいと思います。そこではAirbnbを活用した非常に興味深くて新しいビジネスの可能性が見えてきたのです。

〔photo〕gettyimages

そもそも本講座では、Airbnbを活用した新しいサービスを考えるというテーマで、 Airbnb Partnersのメンバーであるオレンジ・アンド・パートナーズの代表取締役副社長で、京都造形芸術大学教授も務める軽部政治氏とともに講義を行ってきました。  

最初の授業でAirbnbの紹介を行ったあと、学生はチームに分かれて、実際にAirbnbに宿泊するなどの体験を通して、自分たちなりのAirbnbを活用した、あるいはAirbnbを補完するようなサービス提案をまとめていきました。

これらの提案は教室の中での議論であり、ビジネスモデルや法的側面において整理されていない部分があるものの、とても興味深い提案が多く出されました。今回はその提案内容について紹介したいと思います。

 
1. 思い出を地図上に残すサービス~ルニント(Runinto)~  

まず最初に紹介したいのは「ルニント」というサービス提案です。

旅をしていると、素敵な人と出会ったり、とても素敵な建物の装飾や意匠や地元の人が通う美味しいレストランを見つけたり、あるいは緑の綺麗な空間や見晴らしの良い場所を、思いがけず発見することがあります。

しかしこうした人・もの・空間はガイドブックや地図アプリに載せられていない場合がほとんど。こうした旅先でふと出会う(=Run into)素敵な偶然を、目に見えるものも見えないものもログとしてマップ上に残し、他の旅人がそこを訪れるようにできるサービスがルニントです。