# 動物園 # 本 # 動物

パンダに次ぐ人気の「ハシビロコウ」。人を夢中にさせる7つの秘密

動かなくてかっこいい…らしい
今泉 忠明 プロフィール

6. 二本脚で立つ姿がクール

そもそも二本足で立つということが人に通じるところがあり、親しみが湧くスタイルなのである。その立ち姿は、胸を張って立つ紳士の風貌があり、鳥とは思えないほどである。その背丈は人間に近い高さである。

兵庫県・神戸どうぶつ王国のボンゴ。推定7歳のオス、タンザニア出身。性格は気分屋〔PHOTO〕南幅俊輔/『ハシビロコウのすべて』より

ペンギンなども二本足で立つ紳士のようで人気のある鳥類で、よく哺乳類と間違われる。体の羽毛はツルっとしていて羽毛らしくなく皮膚のようである。だがハシビロコウは、ペンギンと比べると脚が長くて背が高く、いっそう人的なのである。それが騒ぐでもなく、不動の姿勢で静かにたたずんでいる姿は、実にクールそのものである

 

7. いきなり動く、しかも踊るように動く

いつまでたっても動かないハシビロコウだが、これがいきなり動くからたまげる! しかもその動きは軽やかで踊るようだ。頑丈なくちばしをもち、するどい目つきでいるにもかかわらず、軽やかに舞う。このアンバランスな意外性が彼らの魅力をさらに増していることは確かだ。

動物園に行ったらこハシビロコウの舞を何があっても見て欲しい……。1日がかりだと思えばたやすい。

以上、ハシビロコウの人気の秘密に迫ったが、大げさに言えばハシビロコウはひょっとすると動物園の救世主なのかもしれない。