# 読書

齋藤孝氏が教える「読んだら絶対に忘れない」読書法

「へぇ」で終わらせないために
齋藤 孝 プロフィール

読書は「2割読み」でいい

「おもしろそうだな」と思って買った本なのに、読んだのは数ページだけ。途中で放り投げてしまった経験はあなたにもあるでしょう。

Photo by iStock

難しくて読み続けるのが苦痛になったか、期待したほどおもしろくなくて退屈し、読む気がなくなったか、忙しさにかまけて、本を遠ざけていたか……。

いずれにせよ、一冊読破できないと、ちょっとした挫折感を味わうことになります。それが読書に対する苦手意識につながらないとも限りません。

そんなことで本を読む意欲を減退させるのはもったいないので、この際、一つの思い込みを捨ててしまいましょう。それは、「最初から最後まで、極力、一言一句の“読み漏らし”なく読み切らなければ、その本を読破したとは言えない」という思い込み。そうではなくて、こう考えてください。

「2割読んで、その本全体で言いたいことの半分以上をつかめたらOK。読破したこととし、つかんだ内容をしっかり記憶に留めよう」

 

こんなふうに言うと、「えっ、たったの2割? 残りの8割にすごく大切なことが書かれているかもしれないじゃない。そもそもそんな読み方は、読書の邪道だよ」とあなたは反発するかもしれません。

けれども、せっかく買った本をろくすっぽ読まず、あるいは本の内容を何一つつかめず、ほぼまっさらな状態で放置するよりも、2割でも読んだほうがずっとマシだと思いませんか?

「2割」と言っても、最初の5分の1を読めばいい、ということではありません。大事だと思われるところを2、3ページずつピックアップしながら、飛ばし、飛ばし読んでいくのです。

いわゆる「飛ばし読み」。「難しいな」「ワケわかんないな」「退屈だな」などと感じたら、ブロックごとすっと飛ばす。そうして、わかりそうなところ、おもしろそうなところに移動して、そのブロックを読む。そんな感じです。

ただし、この読み方は文学作品には馴染みません。おもに仕事で必要な情報や知識、教養を得るための読書で使えます。

関連記事