# 仕事術

「雑談」「リフレーミング」…職場の人間関係を超スムーズにするコツ

これで仕事がうまく回る
吉田 幸弘 プロフィール

雑談は仕事をスムーズにする

私語厳禁には、冒頭でお話ししたこと以外にも弊害があります。

Photo by iStock

電話よりメールやSNSでやり取りをするほうが多い今、1日中、ほとんど電話の鳴らない職場もあります。

以前、電話の鳴らないオフィスにお邪魔したことがあるのですが、本当にシーンとしていました。

静まり返っているので、ちょっとした相談をしようにも、皆に聞こえて目立ってしまい、気の弱い人は、なかなか声を出せません。「先輩にちょっと聞きたいな」と思うことがあっても、周りが気になって、結局黙って自分で処理しようとしてミスや間違いが起き、やり直しが生じることも多くなります。

また、シーンとした職場は空気も重くなりがちなので、メンタル不全になる人も少なくないといいます。

多少の雑談はOKな職場なら、ちょっとした相談もしやすく、アットホームな雰囲気になるので、メンタルも暗くなりませんし、何気ない話をあれこれすることで後輩のモチベーションを維持することもできるでしょう。

雑談によって、若い社員の離職を防ぐことにつながるかもしれません。

雑談が多いと集中できない、たしかにそれも一理あります。

ただ、それ以上に雑談の効用はたくさんあります。

 

集中できない人は、「この時間は集中したいから話しかけないで」と、率直に言っておけばいいだけです。

雑談はムダで非効率に見えますが、実は仕事をスムーズにしてくれる潤滑油なのです。