Photo by iStock
# 仕事術

「雑談」「リフレーミング」…職場の人間関係を超スムーズにするコツ

これで仕事がうまく回る
残業、休日出勤……なぜ仕事がなかなか終わらないのか? そんな悩みを抱えるビジネスパーソンに、より効率的な仕事の進め方を教えるのは、『仕事が早く終わる人、いつまでも終わらない人の習慣』の著者で、人材育成コンサルタントの吉田幸弘氏だ。吉田氏によれば、仕事が速い人ほど同僚の「良い面」を見るという。そのために役立つ「リフレーミング」の技術について、吉田氏に教わった。

「私語」は悪いものではない

仕事中、集中を妨げる雑談はすべきでないと考える人は多いでしょう。

Photo by iStock

しかし、仕事中は私語厳禁にして、情報交換は会議の場でとなると、形式ばった話しか出てきません。

「変なことを言ってはいけない」と構えて、建前しか言わなくなってしまうのです。建前だけの情報では、物事の浅い面しか見ることができなくなり、それが判断ミスの原因になったりします。

私自身、組織に属していた頃は、日々会議に参加していましたが、振り返ってみると、肩の力を抜いた雑談の中にこそ、仕事のヒントになることがたくさんありました。

 

雑談を大切にする人には情報がたくさん入ってくるので、そこからアイデアのタネを得たり、課題の発見につながったりします。

また、仕事仲間が今、どんなことに困っているのか、どの時間帯が忙しくてどの時間帯が比較的に余裕があるかも、雑談の中で何となくわかります。

相手の都合のいい時間帯に仕事を頼むことができるので、できあがりも早くなりますし、困っていたら助けてあげること、反対に助けてもらえることもできるでしょう。

日頃からあれこれ話し合って人間関係を良好に構築している人から頼まれた仕事を優先し、ろくに話したことのない人に頼まれた仕事は後回し。最低限だけやっておけばいいなどと、思ってしまうのも、人間の性です。

いかに、言葉を直接交わすことが大切かわかるでしょう。

ちなみに、チラシの封入作業など、手を動かすだけの単純な仕事も、雑談をしながらのほうが速く進みます。シーンとした雰囲気より、会話をしながらのほうがリズムよく仕事ができるため捗るのです。