Photo by iStock

知ってた?子どもに「◯◯しちゃダメ!」と言うのが逆効果なワケ

言い換えるなら、この言葉
子どもが自立する、イライラしない、育児がラクになる……。こんな嬉しいことが、世界トップ機関の研究にもとづいた「テキトー子育て」で実現すると提唱するのは、幼児教育のプロで、著書『1人でできる子になるテキトー子育て』もある、はせがわわか氏だ。子どもへの声がけで大切なのは、「肯定語」を使うこと。なぜなら子どもは、否定語を理解するのが苦手だからだ。どのように言い換えればよいか、はせがわ氏に具体的なコツを教えてもらった。

「否定語」を理解するのは難しい

「ウサギを想像しないでください」

Photo by iStock

そう言われると、ウサギを想像してしまいますよね。つまり「ウサギを想像してください」と言われているのと同じ反応をしたことになります。

人間の脳は、否定語を理解するのが難しいんです。子どもはなおさらです。

京都大学の松村暢隆教授は、各年齢18人ずつの幼稚園児に対して、指示に合う色と形の組み合わせの図形を選ぶように言いました。すると、肯定語の場合、例えば「赤い三角」を間違えた4歳児は一人だけ、5歳児で全員正解でした。

一方、否定語の場合、例えば「青い丸と違うもの」という指示を出すと、正解した4歳児は18人中7人しかいませんでした。「青い丸」に気持ちが囚われてしまうんですね。

ですから、例えば結婚式に参列する時に「ここでは騒いじゃダメだよ」と言われれば言われるほど、子どもは「ここでは騒ごうね」という言葉のシャワーを浴びたのと同じ状態になります。やってはダメだと分かっていても、頭の中では「騒ぐ」に気持ちが囚われてしまいます。

 

つまり「○○しちゃダメ」という否定語の言葉がけは、子どもの意識にわざわざやってはいけないことのイメージをどんどん注いでいるのと同じです。結果、ちょっとした刺激でやってはいけない行動をさせてしまいます。

この場合は「ここでは静かにしていようね」という風に、肯定語で伝えてあげればいいんです。そうすると子どもの意識には「静かにする」が注がれます。肯定語で語り掛けることによって、落ち着いて静かにいられるようになるわけです。ちょっとした言葉がけの違いで、子どもの行動はガラッと変わります。

他にも例えば、「○○すると××になっちゃうよ」という言葉がけも同じく、子どもが正しい行動をとりにくくなってしまいます。「遅れちゃうよ」「怒られちゃうよ」「嫌われちゃうよ」などのような否定的な言葉がけも要注意。

「一緒にお片付けすれば間に合うね」などのように、肯定的な言葉がけに変えてみましょう。