2019.08.05
# 節約

家計簿アプリを使っても、貯金ゼロに陥ってしまう人の「ある共通点」

つけて満足していませんか?
八ツ井 慶子 プロフィール

もちろんそれをヨシと思える方はいいのですが、私個人的には、家計簿はつけ続けるものではなく、お金の使い方が整ってくれば、いつでも卒業していいと考えています。浮いた時間をもっと楽しいことに使えれば、人生はより豊かになるのではないでしょうか。

つけることを常態化させない意識を持ちながら、改善策に取り組むことをオススメしたいです。

 

「要は、◯か×か」

(3)の「つけることで、支出カットができるタイプ」の人は、家計簿アプリで実際に家計の見直し効果が出た人です。これはいいことです。もちろんいいことなのですが、もし、家計簿をつけなくなると、元の状態に戻ってしまうようであれば、少々要注意かなと思います。

家計簿の情報はあくまで「過去」。変えようのない事実の羅列です。ですが、家計簿をつける「貯蓄形成」という目的は、未来に見据えるものです。当然ながら、お金を使った後にしくじったと思っても遅いわけで、その反省を今後に生かせてこそなんぼです。

また、(3)のタイプの方は、振り返り作業をしっかりできる方とも言えます。そして、きちんと未来に生かせて、その結果をさらに把握できていることでしょう。

ですが、前述の通り、家計は一生涯ものですから、家計簿をつけ続けないと、支出カットにつながらないようであれば、つけ続けないといけなくなってしまいます。何と言いますか、常にレシピを見ないとお料理できないのと似ていて、スキルが身についていません。

記録としての家計簿があるといいなと思われるのでしたら、今後も家計簿アプリを活用していただいていいと思いますが、やはりタイプ(3)の方も「レシート○×チェック」で、自身と向き合い、お金の使い方を整えられてはいかがかなと思います。

SPONSORED