photo by iStock

結婚しない「おひとりさま女性」は、人口減少日本でどう生きるべきか

大事なのは助け合いの精神
77万部超の『未来の年表』シリーズ著者・河合雅司氏の最新刊『未来の地図帳』は、日本の各自治体がどのように縮んでいくのかを克明に描いて、9万2000部を突破した。その河合氏が描く未来の日本は「おひとりさま」にとって切実な課題が待ち受け、今からライフプランを描くことが大切だと語る。

20代女性が大きく減る豊島区

これからの日本では、少子化・高齢化だけではなく、子どもを産む世代の減少も起こってきます。

 

この5年の0~4歳の人口伸び率は、東京都では千代田区、港区、中央区が伸び率が高く、上位10位以内のほとんどが東京区部が占めています。この5年間で多くの子どもが東京23区で生まれているのです。

しかし、それは東京で生まれ育った女性がその年齢に達したからではなく、地方からその世代の女性が流入しているからなのです。ただ今後は、流入する女性そのものが少なくなっていくので、これからは生まれてこない。

また、2017年の特殊出生率は東京が1.21と、全国平均1.43に比べても非常に少なく、子育てしにくい町とされています。この状況が続けば、東京も子どもが生まれにくくなるのです。

photo by iStock

『未来の地図帳』では出産期の女性が減少する地域として東京都豊島区の名前を挙げました。東京の中心地で企業も多く、その近くに住みたいという若い世代も多い、豊島区がなぜ? という話も耳にします。

2020年、20代女性が減少する自治体のトップは、北海道函館市宮崎県都城市で、12.8%も減少します。驚くのは、これに続くのが、東京都豊島区や札幌市南区という大都市圏だということです。以前、この事実が新聞に掲載され、大きな反響を呼びました。

なぜ豊島区から20代の女性がいなくなるのか? たしかに東京でも、職場と住居が近いところを探す、若い世代が増えてきました。港区、千代田区、中央区の人口が増えているのはそれが理由です。豊島区も多くの企業があり、大規模マンションも増えています。

しかし、保育園、学校などの子育て環境などから、豊島区に住んでいる人が他の区へ引っ越すからではないかと思います。

現在豊島区に住んでいる人は、「そんなことはない」と話しているようです。もちろん、東京はここしばらくは、若い世代が移り住むことで、人口は増加しますが、だからといって安心してはいけないのです。

23区それぞれが、住みやすい町にするにはどうしたらいいか、対策を考えて実行しないといけない時期にきています。

人口減少は地方都市のことだけと思っていると、20年後、30年後は地方都市と変わらない状況に東京もなっていくのです。

結婚しない女性が増えている

少子化に加えて、最近問題視されているが、結婚しない女性が増えていることです。

 

出産期の女性(ここでは、現在子どもを産む約8割を占める25~39歳女性を指す)の「おひとりさま」が増えている。特に大都市圏では、当たり前にもなっています。

現役で働いている時期は、収入もあり、それを自由に使って、自分の好きなことができる。「パートナーがいることで、その自由がなくなってしまうのがいやだ」という女性が多いのです。

しかし、みなさん必ず、年を取ります。定年して仕事もなくなる。やがて自分のことをひとりでこなせなくなる人が増えます。そのときは、若い世代の人口も減少しているので、助けてくれる人はいないのです。

では、どうすればよいのか?