個展や本のカバー装画も多い人気イラストレーターの松尾たいこさん。32歳でデビューしてからは瞬く間に売れっ子になった松尾さんですが、実はそれまでには自信のないままに生きていたそうです。

母親との確執もあり、虚弱体質ですぐに疲れてしまう自分に自信が持てずにいたモノクロの人生。そこに少しずつ色がついていくように変わっていきました。

松尾さんが描く色鮮やかな絵のように、人生にどうやって色をつけていったのか。連載第6回は、超虚弱体質だった松尾さんが人生が全く変わるほどに体調が回復した経緯をお伝えしてもらいます。

今までの連載はこちら

頭痛に蕁麻疹、薬を手放せなかった

私はかなり長い間、超虚弱体質でした。
大病はしませんが、子供の頃からの脊柱側彎症もあり、いつも疲れやすく、疲れるとすぐに寝込んでいました。

数日に一度は頭が痛くなるので、出かける時には頭痛薬が手放せません。
季節ごとに風邪を引き、一週間は寝込みます。疲れやすいので会食やお出かけの約束は一日おきしか入れられず、移動手段はほとんどタクシー。

少し無理をするとすぐに湿疹や蕁麻疹が全身に広がります。だからステロイドも10年以上飲み続けていました。せっかく休みをとって海外旅行に出かけても、旅の前半はほぼ具合が悪い状態でした。
とにかく体力を少しでも消耗しないように気をつけ、昼間に外出したら夜は自宅でおとなしくするというような暮らしを長年続けていました。

だから私の暮らしは、基本的には「出かけない」生活でした。
絵を描くという自分の仕事以外をする体力はなく、掃除も洗濯も外注。食事は夫が担当です(食事は今も夫が作りますが)。

短大卒業後、地元の大手メーカーに勤務していた頃。本当に疲れやすかった 写真提供/松尾たいこ

「体質を変えたい」と思ったきっかけ

この体質を変えたい!と思ったのは、15年ほど前のことです。

以前は「絵を描くことさえできればいい」と思っていました。
ようやく自分の好きなことを仕事にできたんだから、それで満足しよう、この弱い体とはずっと付き合っていかなければいけないんだ、そう思っていました。

でも夫と暮らすようになって、一緒に旅をしたりキャンプをしたりと以前よりも外に出るようになり、おもしろい映画やアートなどを教えてもらったりするうちに、「あそこに出かけたい」「あれを観に行きたい」と、もっと生活全般を楽しみたい!という気持ちが強くなったのです。