Photo by iStock

「アマゾンで不良品をつかまない」出品者だけが知る「買い物術」

ネットでも「目利き」が求められる

「サクラレビュー」だらけ

前回の記事(『中国企業からの脅迫文に爆発未遂事件…アマゾン出品者の「苦悩」』)では、Amazonの裏側で、出品者側にどんなことが起きているのか書いていきました。そこで今回は、出品者目線によるAmazonで買い物をする時の注意点を書いていこうかと思います。

ここ最近ではどのようなネットショッピングモールでも「サクラレビュー」が非常に多いと言われており、Amazon自身も2019年2月に商品レビューのポリシーの変更がありました。

Photo by iStock

具体的には、以下のように不正レビューが発覚した際の出品側への罰則が重くなった形です。

・Amazon出品権限の迅速かつ永久的な取り下げ、および売上⾦の⽀払い留保。
・すべての商品のレビューの削除、および今後のレビューや評価の受信制限。
・Amazon出品からの永久的な削除。
・出品者に対する法的⼿段(訴訟、および⺠事ならびに刑事事件執⾏当局への照会など)。
・出品者の名前およびその他関連情報の公開。              

このように、厳しいというよりも当然の処理がされるようになりました。しかし、残念ながら不正レビューは後を絶えません。

なぜかといえば、そのような方法で不正レビューをしたほうが稼げるからです。当然ですがレビュー数が多く、なおかつ「★」の平均値が高ければ、お客様からすると「これはいい商品だ!」と思いやすくなり、購入する確率が高くなります。

実際にSNS上ではサクラレビューを集めるための募集ページや専用アカウントを作っていたり、サクラレビューの裏には何十、何百といったアルバイトが存在しています

流れとしては、

(1)サクラレビューの募集記事をアップロードする。
(2)応募者に商品を買ってもらってレビューをつけてもらう。
(3)レビューが付いたらPaypalなどで返金する。
 

という形で、出品者側はレビューを付けてもらえるというメリットがあり、購入者側はタダで商品を得られるというメリットがあります。

当然ですが、Amazon上ではこれらの行為はすべて出品停止となる重大な規約違反。ただ、このような方法で付けられているサクラレビューは、なかなか見分けがつかないのも事実なのです。