〔photo〕iStock
# 貯金

50代が大量老後破綻へ? 実は「6世帯に1世帯が貯蓄ゼロ」の衝撃

救う手段はあるのか
老後生活が目前に迫る50代ほどお金が大切。それにもかかわらず、じつはいま50代の日本人の6世帯に1世帯は貯蓄がゼロという衝撃の事実が明らかになった。このほど『まだ間に合う!50代からの老後のお金のつくり方』を上梓したファイナンシャルプランナーの深田晶恵氏によれば、「いまの50代は高収入に見えるが、じつはかなり厳しい現実に直面している」と指摘する。このままいけば50代が大量老後破綻に追い込まれ、日本全国に「下流老人」があふれることになる。救う手段はあるのか――。
〔photo〕iStock

高まる「下流老人化」リスク

ここ数年、メディアなどで「老後不安」「下流老人」といった言葉が頻繁に使われ、すでに日常に定着しつつあります。そこに新たに「老後2000万円騒動」が沸き上がり、不安に思っている方も多いでしょう。

このかつてないほど蔓延する「老後不安」とは、30代や40代の問題でもありますが、実は50代で顕著になっている問題であることをご存知でしょうか。

 

彼らは働き盛りで、いまが収入のピークに達している人も少なくありません。当然、豊かな生活を送っていると思われがち。しかしそんな50代こそが「老後不安」に直面し、「老後破綻予備軍」もけっこういるのです。

住宅ローンを抱え、子供の学費の捻出に追われている50代は、実は収入が多い分、支出も桁違いの世代であり、貯蓄をしっかりできている家庭は意外と多くはありません。

貯蓄の有無に関わらず、老後の日々はもう10年後に迫っている。今回はそんな50代がなぜお金がたまらないのかに焦点を当て、その対策を考えてみたいと思います。