Photo by iStock
# 副業

3ヶ月で月収100万円稼げる人も!「副業カメラマン」のススメ

カメラ歴0日からでも大丈夫

「カメラマン」は副業の最高の選択肢

給料が上がらない&副業解禁の時代です。

「老後2000万円必要問題」で、さらにその流れは加速しています。

もはや副業はビジネスマンにとって必須のスキルとなりました。

副業が単なる副業で終わるとは限りません。読者のみなさんも、会社から独立したり、起業したり、不幸にもリストラされる可能性を持っています。新しいビジネスを始める必要が出てくるかもしれません。いえ、きっと将来、そういうことを考える場面に直面するはずです。

 

世の中には、副(複)収入を得るために、投資や転売、アフィリエイトなどネット関連などを使った副業のさまざまな選択肢があります。

しかし、リスクや利益率の低さから、「副業なんてやっても意味がない」などとあきらめている人も多いようです。

そんななかで、「カメラマン」という副業として最高の選択肢があるのをご存じでしょうか? カメラ歴0日でも、3カ月後には副業として月収80~100万円を稼ぎ出している人が続出している、今、もっともホットな副業なんです。

Photo by iStock

カメラマンというと、撮影テクニックやセンスなどの特別な能力が必要だと思いがちですが、実はテクニックもセンスも誰でも手に入る方法があります。

なぜなら、昔に比ベて、カメラの性能が劇的に向上しているから。そして、カメラで稼ぐには、年齢・性別・有名無名も関係がないのも大きな魅力です。

ただ、「稼げる副業カメラマン」になるためには、重要なポイントがいくつかあります。その重要エッセンス・具体的なノウハウを完全公開したのが拙著『副業するならカメラマン』(フォレスト出版)です。

私は、受講生の9割以上が「稼げる副業カメラマン」となっているカメラマン養成所の代表をしています。私もカメラ歴0日からスタートし、今や1億円を稼ぎ出すまでになっています。

私の最も大事にする信条を先に述べておきます。それは次の言葉です。

「人がつくったものは誰でもつくれる。だって、人がつくっているのだから」

これは最初に所属した事務所の社長さんの言葉です。

私のこの考え方に共鳴して、今日までやってきました。

プロカメラマンだって、しょせんは人ができていること。

効率的に技術さえ覚えれば、誰でもプロカメラマンになれるのです。

では、本書の中から、稼げる副業カメラマンになるためのポイントをいくつかお伝えしたいと思います。