〔photo〕iStock

35歳、派遣OL、老後が不安!今からできる「貯め方」のコツと方法

「ほとんど貯蓄できない人」も変われる

「2,000万円」の数字の根拠は?

6月3日に金融庁が出した報告書が世間を賑わせましたね。報告書によると、私たちの老後の生活費は、公的年金だけでは賄えず、「2,000万円足りない」とのこと。この騒ぎを受けて、私のところにも派遣OL、M美さんがご相談にやってきました。

M美さんのご相談内容は、「シングルで派遣社員という立場なので、ただでさえ老後が不安なのに、今回の報道で老後までにいくら貯めておけば良いのかとても不安になりました。実際いくら貯めておいたら良いのでしょうか?」というもの。そこで、今回は、老後に一体いくら必要なのか、また、有効な貯め方についてお話します。

世間を騒がせている老後2,000万円問題ですが、ファイナンシャルプランナーという立場からすると、“2,000万円”という数字が一人歩きしてしまい、この問題が正しく伝えられていないのがとても残念です。この報告書を落ちついて読んでみると、現在の経済、社会状況と今後の課題、対策についてバランスよく書かれており、至極まっとうな報告書だと思います。

そこで、今回ご相談にいらしたM美さんに、「2,000万円」という不足額の根拠からお話しました。

 

そもそも2,000万円の数字の根拠となったのは、総務省が出している家計調査報告(2017年)です。このデータによると、現在60歳以上の夫婦(夫60歳以上、妻65歳以上)の高齢無職世帯では、1ヶ月の平均収入は年金を中心に約20万9,000円、支出は約26万4,000円。ですから、公的年金だけでは、毎月5万5,000円の赤字となります。

最近の統計から日本人の4人に1人は95歳まで生きるとのこと。ですから、年金支給開始年齢である65歳から30年生きると仮定すると、5万5000円×12ヶ月×30年=約2,000万円足りなくなるというわけです。

そして、この2,000万円という数字は衣食住の基本生活を送る上で必要なお金で、かつ、持ち家を前提としています。友達や家族と旅行に行ったり、美味しい物を食べたりといったいわゆる「ゆとりある老後」を送るためには、夫婦2人で35万円程度が必要とのこと。公的年金だけでは毎月15万円程度も足りなくなるわけです。つまり、ゆとりある老後を送るためには、5,400万円も足りないということです。